オュサリ・テ・ノ・鬣、・

「 PREV | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B型急性肝炎発症後の感染

fraise555fraiseさん

B型急性的肝炎発症後の伝染について。
20歳の時、B型急性的肝炎になりました。
後の調査で、当時付き合っていた彼からウイルスが見つかり(キャリア)
彼もまた母子伝染でのキャリアでした。

私は発症したため1ヶ月半くらい入院しました。
入院して2週間くらいは抗原があったせいか、
体温計や食器などに印がつけられていて私個人専用の活用でしたが、
その後は、抗原がなくなったせいか?他の入院者と同じ扱いになりました。

これって私が「抗原から免疫体に変わったので、
もう他人に伝染させることはない」とに把握していただけなのですが
その把握に、ついこの間不安を感じてきました。
まだ他の方を伝染させてしまうことがでしょうか?

どなたが周知の方、ご教示ください。
補足返答ございます。
慢性的化にはならず急性的肝炎で治癒という診療だったと思われてなりません。
10年後にした健康診療でも肝の数値も平常でした。
やはりきちんとウイルス調査をした方がナイスですか?



ベストアンサーに選ばれた返答



heavenly_white_dropsさん


まずB型肝炎についてですが、
慢性的化するのは全体の10%レベルです。
また、一般的に思春期以降に伝染したケースは
そのほぼが一過性伝染に終わるとています。

HBs抗原が感知出来んということは、
体内側にB型肝炎ウィルス(HBV)がないと脳味噌使って答えを出してほぼ差し支えありません。
しかし、調査には感知が存在しますので
調査で感知出来んだけで微量なHBVが存在しているポシビリティーは存在します。

伝染力の強弱はHBe抗原が陽性かネガティブかで判定できます。
HBe抗原ネガティブ、HBe免疫体陽性であれば他人への伝染力は極めて低いです。

おそらく一過性伝染ですし、
肝数値も正常とのことですのでHBV調査は不要でしょう。



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1291469187
※この記事の著作権は配信元に帰属します

B型肝炎キャリア

jam_dead_jamさん

B型肝炎キャリアについてご教示下さい。

男性の友人からB型肝炎だと白状されましたが、普通に接触している分には、ワタシに伝染する可能性はないでしょうか?

また、ワタシに伝染するとすると、どのようなコースで伝染するのでしょうか。






ベストアンサーに選ばれた返答



horoyoitanukiさん


調査した事を貼り付けますので御覧下さい。

B型肝炎の特色をイージーにまとめると
HBVは、主として伝染している人の血液を介して伝染する。また、HBVを含有する血液が混入した人の体液などを介して伝染することも在る。
HBVの伝染には、伝染成立後一定期間の後にウイルスが生体から排除されて治癒する「一過性の伝染」とウイルスが年余にわたって生体(主として肝臓)の中に住みついてしまう「持続伝染」(HBVキャリアコンディション)との2つの伝染様式が在る。
一様に、成人が初めにHBVに伝染したケース、そのほぼは「一過性の伝染」で治癒し、臨床的には終生免疫を獲得し、すっかり伝染することはない(近年、成人が初めにHBVに伝染したケースでも、HBVの在る特定遺伝子型:ジェノ種類Aに伝染したケース、10%くらいの出現率でキャリア化することがわかってきました)。
HBVの一過性伝染を受けた人のは自覚症候がないまま治癒し(不顕性の伝染)、の人が急性的肝炎を発症する(顕性伝染)。また、急性的肝炎を発症したケース、稀有に劇症化することが在る。
不顕性、顕性伝染の区別なく、治癒した後には臨床的には終生免疫を獲得する(だけども、ついこの間になって、当人の健康上設問はないものの、ウイルス学的に、肝臓の中にごく微量のHBVが延々存在し続けていることがわかってきました)。
HBVに伝染している女親から出生した児のHBV伝染予防をせずに遺棄したケース、児はHBVの持続伝染者(HBVキャリア)となるケースが在る(母子伝染予防策を講じることにより、ほぼの例でキャリア化を防止することが)。
乳乳児期にHBVに伝染したケース、キャリア化することが在る。
HBVキャリアのうち10~15%が慢性的肝炎を発症する(慢性的B型肝炎)(正確には、HBVキャリアの一団を断面でみると、10~15%の人にALT(GPT)値の変調が認められることがわかっています)。
慢性的B型肝炎の加療法には、肝庇護療法、抗ウイルス療法、自己の免疫力を高める加療法などが在る。
慢性的B型肝炎を発症したケース、遺棄すると、気がつかないうちに肝硬変、肝がんへ進展することが在るので、注意が必須で在る。
一様に、HBV持続伝染に起因する肝がん(B型の肝がん)は、慢性的の炎症が持続した結末線維化が進展した肝臓を出現母地として、50歳代前半の年令層に好発する(しかし、肝の線維化が進んでいない若いHBVキャリアにも肝がんが出現することが在るので、注意が必須で在る)。
B型肝炎の起因は何ですか
B型肝炎ウイルス(HBV)の伝染による肝炎をB型肝炎と呼びます。
B型肝炎には、成人が初めにHBVに伝染して発症した急性的B型肝炎と、HBVキャリアが発症したHBVキャリアの急性的増悪や、慢性的B型肝炎などが存在します。慢性的肝炎が進展し、肝臓の線維化がすすんだコンディションが肝硬変で、このような人の肝臓には肝がんが出現することが存在します。しかし、HBVのケースは、肝硬変になっていなくても肝がんが出現することもあり、注意が必須です。
つまり、慢性的B型肝炎、肝硬変、肝がんは、HBVの持続伝染に起因する一連の疾患で在るといえます。
B型肝炎ウイルス(HBV)に伝染すると
HBVに初めに伝染すると、全身倦怠感に引き続き食欲低調、悪心・吐瀉などの症候が出現することが存在します。これらに引き続いて黄疸が出現することも存在します。黄疸以外側の他覚症候として、肝臓の腫大がることが存在します。このケース、右背部の鈍痛や叩打(こうだ)痛をみることが存在します。これが急性的B型肝炎(HBVの顕性伝染)です。だけども、HBVに初めに伝染しても自覚症候がないままで経過し、ウイルスが生体から排除されて、治癒してしまうことも存在します(HBVの不顕性伝染)。
なお、HBVキャリアが肝炎を発症したケースにも、急性的B型肝炎と同様の症候が出現する(HBVキャリアの急性的増悪)ことが在るため、肝炎の症候がみられたケースには、妥当な調査を行って両者を区別する必須が存在します。
また、HBVキャリアが慢性的肝炎を発症しているケースでも、ほぼのケース自覚症候が乏しいので、定期的に肝臓の調査を受け、かかりつけ医の手びきの下に健康管理を行い、必須に応じて加療を受けることが大事です。



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1235512157
※この記事の著作権は配信元に帰属します

TITLE。ァB型肝炎キャリア |  病気 |  PAGE TOP  | HOME

COMMENT(0) | TB(0) | [EDIT]

B型肝炎について教えてください

tiebukurodaiouさん

B型肝炎についてご教示ください。

何年か前に元彼女がB型肝炎のキャリアだと気付かずに伝染しました。
現在は勿論症候も治まり、わたしでもすっかり忘れていました。

キャリアというのは確か生たときから死ぬまで、延々ウィルスを持っているんですよね?
伝染した方はどうでしたっけ?
症候がなくなった時点でウィルスはもうないのですか?

当時、師匠に教えてもらったのですが、すっかり忘れてしまって。。。

ついこの間、数年ぶりに彼女が出来、急に思い出しました。
勿論ゴムはつけていますが、未来的なことを考えると気がかりになってきて。

詳しい方、ご教示ください。




ベストアンサーに選ばれた返答



syokanbetuさん


B型肝炎のウイルスは、肝細胞に伝染します。
伝染しても、肝細胞が障害されるわけではないので、
伝染しただけでは、肝障害になることはありません。

しかし、B型肝炎ウイルスに対する免疫体が作られると、
その免疫体が伝染した肝細胞を、かたっぱしから壊してしまうので、
伝染量が大勢と、劇症肝炎になるわけです。

キャリアのひとが肝炎にならないのは、
B型肝炎に対する免疫体を作る能力が失われているので、肝細胞が壊されることがないため
なにごともなく、健康に暮らしすることが出来るわけです。

現在回のケースは、B型肝炎に伝染して、免疫体が作られ、伝染した肝細胞が壊され(肝炎になって)、治癒しているわけですから、B型肝炎は、完全な治癒していると思って好いです。
なので、彼女にB型肝炎を伝染させることはないと思われてなりません。

ただ、この解説はあくまでも一般的なものなので、事細かにはホスピタルを受診して
B型肝炎の抗原や免疫体を調べてもらってください。

ちなみに、B型肝炎のにC型肝炎ってのが存在しますが、それは免疫体が作られても
さっさとにウイルスがして免疫体が作用しなくなり、肝炎のコンディションが長く続いてしまい
結果的には、肝硬変→肝癌という末路をたどります。(加療したら別ですが)



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q138228648
※この記事の著作権は配信元に帰属します

B型肝炎について

radwimps820さん

B型肝炎についてご教示ください。
全然の無学で申し訳ありません。


主人が2年くらい前に急性的B型肝炎になり入院していたそうです。
付き合い始めの頃は加療の為に医薬を飲んでいました。

きょねんの6月くらいに完全な治癒したとの事で医薬は飲まなくて善くなり小児を作っても質疑ないと師範に言われたそうです。
そしてついついこの間出産いたしました。
私は伝染していません。懐妊中の血液調査でもネガティブでした。

出産後、小児科の師範からと看護婦さんに言われたのですが、産まれた小児が1ヵ月検診の時にB型肝炎の予防接種を受けた方がと言っていたそうです。更に、予防接種の額が198,000円だと伝えられました。
その金銭額に驚きました。
そんなに高い金額なものなんでしょうか?

近いうちに小児科の師匠と話しようかとは思っているのですが、主人は完全な治癒していて私は伝染していないのに、産偶さかた小児は予防接種を受けた方がナイスでしょうか?
ちなみに私の連れ子でもう一人8才のがいますが、予防接種などは受けていません。

産偶さかてきただけでなく、8才の、また、私も予防接種を受けた方がナイスか困っています。

お分かりになる方ぜひっご教示ください。




ベストアンサーに選ばれた返答



fwit6036さん


主人が2年くらい前に急性的B型肝炎になり入院していたそうです。
付き合い始めの頃は加療の為に医薬を飲んでいました。

核酸アナログ製剤でB型肝炎が慢性的化様に摂取されいたと察します

去年の6月頃に完全な治癒したとの事で医薬は飲まなくて善くなり小児を作っても質疑ないと師匠に言われたそうです。

HBV-DNAというものが感知されなくなり、HBs免疫体というものが出てきたのではと思われます

だけどもB型肝炎はDNAなので体のDNAに組み込偶さかるため、完全な治癒は前者の方のお答え通り御座いません
キャリアコンディションですので、安堵せず年に1回はエコーなどで調査は現在後も必須になります
ヘルシーキャリアからでも肝硬変や肝臓がんに急になるのがB型肝炎ウイスルの怖さです

そしてついついこの間出産いたしました。
私は伝染していません。懐妊中の血液調査でもネガティブでした。

出産後、小児科の師匠からと看護婦さんに言われたのですが、産偶さかた小児が1ヵ月検診の時にB型肝炎の予防接種を受けた方がナイスと言っていたそうです。更に、予防接種の金銭額が198,000円だと伝えられました。
その額に驚きました。
そんなに高額なものなんでしょうか?

ホスピタルを肝臓専門医に変えた方が好いですね、論外側なです
そして、人並み、ご旦那がB型キャリアでアル事を判っていれば、出産後48以内側に産たまれてきたお子さんに接種するのが人並みです。現在頃ワクチンという事は未来の事などもうーんと頭をひねっての事かと存じますが、B型ワクチンは人並み3回接種します。免疫体が出来るまでは1年弱かかるのが人並みです。ワクチンでそんなは現在時のクリニックでも考えにくいです。県庁の「保険予防課」でこんな事言われましたと行ってみて下さい。高額なに対し手びきが入りますよ。

近いうちに小児科の師匠と話しようかとは思っているのですが、旦那は完全な治癒していて私は伝染していないのに、産たまさかた小児は予防接種を受けた方が好いでしょうか?
ちなみに私の連れ子でもう一人8才のムスメがいますが、予防接種などは受けていません。

8歳のお子さんは元の旦那さんが肝炎ウイルスに伝染していなければ質疑ないと思われてなりません
お生たまさかになったお子さんの血液調査で肝炎ウイルス調査をしてみて下さい
(肝臓専門医で)

馬鹿げたで未だにこんなクリニックがアルにかと落胆してしまいます。
次回、そのクリニックで県庁の保険予防課に凝議してみますと言ってみて下さい
適応ががらっと変わると思われてなりません

ご旦那の活動性も肝臓専門医で凝議し、活動性が高いか、低いかで予防接種を受けるかどうか凝議されてみて下さい。

インターネットで「肝臓専門医」とリサーチ、最寄りの都府県をクリックするとホスピタルやクリニックが出てきます
肝臓は肝臓の専門医で診てもらう事、旦那さんのエコーなど画像診療も半期に1回は知する事、ワクチンは接種するかどうかは、これまでの経緯を専門医に話したうえで決める事をお勧めします



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1174249876
※この記事の著作権は配信元に帰属します

TITLE。ァB型肝炎について |  病気 |  PAGE TOP  | HOME

COMMENT(0) | TB(0) | [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。