オュサリ・テ・ノ・鬣、・

「 PREV | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンジローマ疑惑。

hatokurukuさん

コンジローマ疑惑。
1か月前あたりに生殖器にいぼみたいなものを感知しました。インターネットで調べてみたら、そうけいコンジローマと症候が似てるのです。とがった感じのいぼが4つレベル並んで存在します。殊に痛苦もかゆみもありませんが気になります。9か月交際している彼氏に耳にしてみましたが、彼自身にいぼなどはないし現在までに性感染症などにかかったこともないとのこと。1日前子宮がん検診にいき、いぼが在ることを伝えみてもらいましたが、全然ないと思うよ~~と軽く言われました。ないならナイスんですけど、気になります。もう1度の婦人科へ行ったほうがよいのでしょうか?ほっといたら治癒するのでしょうか・・




ベストアンサーに選ばれた返答



synapsefallerさん


尖圭(せんけい)コンジローマですね。特色としては、赤や茶色の殊に痛苦もかゆみもないイボで、鶏のトサカのような見た目、一つ完了すると不規則にどんどん増えてくることが、密集したり大きくなると、華が咲いたように、ブロッコリーのような見た目になったりします。

伝染はイボの直接コンタクトが主ですし、見た目の特色が明瞭にに一致することはないから言われたのでしょうから異るポシビリティーが高いでしょうね。尖圭コンジローマではないのに誤診されて処置される、ということは存在しますが、尖圭コンジローマなのに異るといわれることは少ないかと思われてなりませんしね。了解がいかないのであれば他でも耳にしてみてナイスポッシブル性もなきにしもあらずですが、逆に何でもないイボを尖圭コンジローマとして処置されたりすることはないように注意してくださいね。もし見た目だけでそう診療されたら、まずそのイボから真実に尖圭コンジローマなのかの調査をしてもらった方がナイスですね。おそらくその様態ですと異るもののポシビリティーが高そうですが・・・

もし尖圭コンジローマのケースは根底的に自然には治りません。どんどん繁殖します。繁殖してくるようならその時は迷わず医師に協議してください。




尖圭コンジロームの治療

tomatoma_hamさん

尖圭コンジロームの加療


尖圭コンジロームが再度発症して、現下婦人科で加療中です(>_<)
膣の入り口らへんにできてるらしく、ベセルナクリームを出してもらいました。

1日おきに医薬
を塗っているんですが、どうやら医薬でかぶれてしまったみたいで現在までは痒みはほぼなかったのについこの間は頻繁に痒くなります。

おりものもたくさんでます。

医薬を塗る時は鏡で見ながら塗っているんですが、いまいち患部がわからないんです...

恥ずかしながら、わたしの生殖器を見るのが初めにで膣の入り口の周辺が白っぽいのがコンジロームなのか正常なのかわかりません(;_;)

職業の終わる時刻が遅いのでなかなかホスピタルに行けないので問掛させてもらいました。

1 膣のまわりの白っぽい所はコンジロームなんでしょうか??

2 おりものが増えたのは医薬のせいでしょうか?そうではなく他の疾病??

3 医薬での加療が長引き辛いのですが、レーザーで焼いた方がナイスんでしょうか??

長文で申し訳ありません。




ベストアンサーに選ばれた返答



synapsefallerさん


順に行ってみますね。


1 尖圭コンジローマは根底的には赤や茶色、色素の具合によっては灰色や黒などに見えることも在る、鶏のトサカや乳ネックに似ているような肉感の在るイボになります。白っぽくなることもないとは言えないので、現実に見もせずにはなんとも言えないところですね・・・。膣の入口あたりには、害が無いなイボ状のもので在る膣前庭乳頭症や、毛穴の出来損ないに脂肪分が溜まったものがブツブツになっているフォアダイスなども存在しますので、そのあたりがいまいちわかりにくいならちょっとどう見分けてナイスかというと初めに書いたくらいしか言えないところなのですが・・・。その白っぽいものは異るポッシブル性もなきにしもあらずですし、ベセルナクリームは超強い医薬で塗ると健康な地点でもまずただれを起こすくらいのものですので、どうしてもわからないなら明瞭ににわかるところだけに塗るようにして明細は医師に耳にしてみたほうがナイスポッシブル性もなきにしもあらずですね。



2 おりものですが、尖圭コンジローマでもベセルナクリームでも殊におりものに作用は出たりはしません。増えてきているのえあれば起因は別に在るポッシブル性もなきにしもあらずですね。



3 長引くことに関しては、あまりに長く持続するなら医師が判断はするところですね。ベセルナクリームは原則16週以上は使うことは出来ぬので、そのあたりかまたはその手前くらいで効果が上がってこないと判断されるなら切り替えることも在るでしょうね。ただそこは医師以外側が判断をしてナイスところではないですよ。現実に現在の様態もわからないわけですし、これってここで言えることではないですね・・・。




昨年10月に尖圭コンジローマと診断されました

chiekono0109さん

尖圭コンジローマについて
昨年10月に尖圭コンジローマと診療され、11月にオペを受けました。
と思われる性交渉は9月末です。

彼のほうは症候はいまのところ出ていません。
私の方も現在の所再度発症はないようです。
だけども先月HPVのDNA調査をしたところ、尖圭コンジローマのとされる
11型が見つかりました。他にも16型と56型も見つかりました。

またDNA調査をすれば経過観測のほうはできますが、調査代が2万円とで
なかなか施行は容易ではないかと思われます。

私は現在の彼と婚姻をおり、彼との懐妊を望んでいます。
でも私からカンペキにHPVがいなくならなければ避妊具をつけない性交渉は無理なのでしょうか?

どのくらい経過を観測したらよいですか?
そして11型、16型、56型は自然治癒は望めますか?
補足彼氏は10月に泌尿器科へ受診しましたが、殊にイボなどの症候もないことから
もう伝染の気がかりはないから大丈だと言われたそうで、殊に
その後も症候もなく現在まできています。



ベストアンサーに選ばれた返答



synapsefallerさん


ちょっと必須そうですので


HPVのDNA調査でまだ感知されたということでHPVは残っているわけですが、自然治癒がないという伝染症ではないですよ。尖圭コンジローマを始め、HPVそのものに直接効果が有る医薬というのは存在していないわけで、伝染細胞が固められてイボとなって発症してくるのであればそのイボを切り取って体から離し、その上でまだ身体に残っているHPVは免疫による駆除に任せることで加療をしていき、再度発症をしなくなったらそれで完全な治癒ということになります。一回発症してどんどん繁殖しているのであればそこからの自然治癒はさすがにまず無いはずですが、加療後の経過観測のタイミングや発症間というのは自然治癒に任せるものですね。11型も、子宮頸癌の方に相関している16型も56型でも自然治癒は充分望めますよ。そうして完全な治癒を目指すものですからね。


理想としてはやはりカンペキに居なくなるまで、または最後の加療から3ヶ月レベル(医師の判断によりくらいするケースあり)の経過観測で再度発症がないということで完全な治癒を判断、それまでは控えるのが好いはずでは存在しますが、性暮らしの再開に関しては判断も容易ではないでしょうから医師の判断に任せられています。尖圭コンジローマに関してはイボの直接コンタクトでなければまず大丈ということで、医師が已に伝染の気がかりはないと判断するなら再開してナイスというのが一般的でしょうね。慎重を期すならあなたの方にウイルスは先月の段階では確証はされているのでもうしばらく控えておくと好いポッシブル性もなきにしもあらずですが、そのあたりはあなたの主治医の師範の方に協議してみたほうが好いでしょうね。



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1153909016
※この記事の著作権は配信元に帰属します

尖圭コンジローマについて。

kadogawasyuuさん

尖圭コンジローマについて。
私の彼氏のペニスの亀頭の根元の裏側部分に尖圭コンジローマの症候のようなイボが1~2個くらい、点々と存在します。
彼のその症候はずいぶん昔からあり、彼は看護生徒ということから知り合いのエキスパートに聞いたところ、尖圭コンジローマは危機なケースより繁殖していくはずだから長い間ちょっと有るくらいならないと言われたそうです。

現状のまま遺棄してもないのでしょうか?
また、伝染の恐れやこの先気がかりされる症候等など事細かに周知の方、ご教示ください。
ホスピタルにかかったケース、加療までにかかるかかる経費なども教えていただけるとありがたいです。




ベストアンサーに選ばれた返答



synapsefallerさん


基礎的に某泌尿器科医のサイトの内側容を引用しているので急に他のものの称号が入っていたりしてわかりにくいポッシブル性もなきにしもあらずですしちょっと補足レベルですが・・・

男器の陰茎小帯(呼び方が色々存在しますがつまりは裏筋ですね)の左右あたりに出てきている皮脂の分泌腺がタイソン線ですね。そしていきなり出てきている真珠様陰茎小丘疹ですが、これって亀頭の根元の段差の部分、カリ部分ですね、この外側周や裏側に脂肪分が溜まってブツブツのことです。そして、包皮に大きな鳥肌のようなブツブツが、毛穴の出来損ないに脂肪分が溜まってできたフォアダイスですね。


これらは全て単なる見た目だけので有る生理現象です。脂肪が溜まっただけだったり、分泌腺の形のというだけで疾病でもなんでもないですね。対して尖圭コンジローマはウイルス性の腫瘍ですので、一つできてくるとどんどん増えることが大勢、また逆に非常に小さい尖圭コンジローマ一つだけなどであれば自然と消えて言ったりすることも存在しますが、長年何個かだけあって増えも減りもせずただ現状のままあり継続するというものではありませんのでそのエキスパートさんはそう言ったわけでしょうね。


現実に長年現状のまま有るだけならこのような害が無いなものでしょうから遺棄してなんらないですよ。害が無いで有ることが確定しているなら伝染はしませんし加療も必須ないことですので気がかりがそもそもないはずですね。害が無いなのに処置するなら美容整形のようなものですから現実に5~10万円弱レベルの処置日がかかりますし、好くらいこだわりでもない限り全然不必須ですしね。

念のため、尖圭コンジローマに伝染してホスピタルにかかったケースはちゃんと保険が利きますので加療はオペでイボを除去したりしても1万円以内側レベルには治まりますよ。ただおそらく読む限りではその気がかりの必須はなさそうでは存在しますね。



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1061320570
※この記事の著作権は配信元に帰属します

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。