オュサリ・テ・ノ・鬣、・

「 PREV | NEXT 「

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同性愛者がエイズになりやすい

同性愛者がエイズになるケースが大勢と聞いたんですけど女子とアナル性交渉してもエイズになるケースが大勢のですか?

エイズってどのような症候が出て来るのですか?

ベストアンサー

同性愛者がエイズになるケースが大勢理由は、肛門が汚いうえにか細いからです。
もともと肛門は排便のためのもので性交渉をするためのものではありません。そのため非常にデリケートでアナル性交渉をするとさっさとに傷ついてしまい出血をし伝染するケースが大勢とか。
また肛門は雑菌だらけなので性感染症に伝染するリスクは高くなります。
たとえ女子パートナーでも無理に行ってしまうと、肛門が傷ついてしまいますし、潤滑剤を使ったほうがナイスのではないでしょうか。

エイズの正式名称は後天性免疫不全症候群です。発症するとその名の通り免疫力が減少し、最後は死にます。
だけども現現在では発症する前に伝染していると分かればエイズの発症を抑える、遅らせることが出来るみたいなので最早死の病ではありません。
事細かには「エイズ とは」などとリサーチすれば大勢のデータを得ることができます。

喉の性病は泌尿器科でも診てもらえますか?

咽喉の性感染症は泌尿器科でも診てもらえますか?

当方男で同性愛者です。咽喉と生殖器に性感染症伝染の疑惑が存在します。

4ヶ月程前、性交渉をしたのですが
そのあとから咽喉の調子が延々悪く、
痰、たまに軽い咳といった症候がなおりません。

ついこの間、生殖器にも違和感があり
なんともいえないのですが
自慰行動をすると違和感、精通後に軽い痛苦がことが存在します。

日頃や排尿のさいには膿がでたり、痛苦はあまりありませんが、
ベッドに寝転んでいるとたまに、チクッとかズキッという痛苦がことが存在します。

ジスロマックSRやクラビットを処方されて飲んだりしましたが、好くなりませんでした。
(ジスロマックSRはじゃっかん効いたような気がします。)

近辺の耳鼻咽咽喉科に問い合わせたら、性感染症の調査は行っていないといわれましたし、
こういうケース、何科にしたらよいのかわかりません。

ジスロマックとクラビットは隣の市の性感染症科で処方してもらいましたが、
正直とおくて通うまでが大変で、なんとか地元で診てくださるホスピタルがないかとおもうのですが。

生殖器の症候はそこまでひどくないのですが、咽喉が結構深刻なので
診てもらイタイのですが、泌尿器科にかかればよいのでしょうか?そうではなく内側科にいくべきですか?

ご教示ください。お願いします。
補足 咽喉は性伝染症の調査は出来んといわれた耳鼻咽咽喉科で、性感染症の気がかりはふせてみてもらったのですが、
舌が荒れてる。咽喉も少々腫れてる、軽い味覚障害かも?といった診療で医薬をもらいましたが好くなりませんでした。
近辺の泌尿器科は数年前に性感染症の気がかりを話したところ(そのときはネガティブ)いきなり尿通路に綿棒を入れられて
その痛苦がトラウマでこわいです。
内側科とかで診てもらえませんか?大きなホスピタルと個人のホスピタルいずれがイイでしょうか?

ベストアンサー

咽喉に違和感がのはわかったけど性感染症だけを疑うのはやめたほうがイイと思う。咽喉に何かが伝染するのは性感染症以外側のもののほうが圧倒的に大勢です。下半身にも違和感がのならとりあえず泌尿器科で素因の特定(いは病原菌の特定)をしたほうが現実的な適応なんじゃないかも?問掛文を見た限りでは性感染症科の医者ですら素因が好くわかっていないみたいだし問掛者さんは性感染症ではないんじゃないかな。


補足で。調査が怖いからホスピタルに行きたくないって言われちゃうともう助言のしようが無いかも。あとはそちらの近辺で尿調査だけで診療してくれる泌尿器科を探すしかないです。大きいホスピタルか小さいホスピタルかについてはこだわる必須は無いと思われてなりませんけど内側科に行くのはあんまり旨趣が無いです(内側科医から最後泌尿器科を紹介されて終わるポシビリティーも高いので)

もともとエイズは同性愛者の間で広がっていた

もともとエイズは同性愛者の間で広がっていたらしいですが………

なぜ同性愛者同士で伝染するのですか?

そもそも注射器の使い回しや医療行動や性交渉くらいでないと伝染はずです。

同性愛者は性交渉ので伝染するはずがありません。そうではなく注射器を使い回していたのですか?

ベストアンサー

同性愛者がリスクの有る性交渉をしているからです。
膣性交にくらべ
直腸に直接、精子を注入するという行動は
非常に危機です。

それに
男同性愛者が、そのの性感染症を羅漢している真実もデータとして存在します。

梅毒やクラミジアを持っていれば
飛躍的にHIV伝染しやすくなります。

現在も女子のほうがエイズ調査を受ける人は大勢はずです。
※懐妊するとエイズ調査を確実にするため

だけども、男同性愛者ばかりが露見します。

ついこの間は年令も相関ありません。

それにHIV伝染しているかしていないか?

それを知る手段はただひとつ、エイズ調査をするしかありません。


まずは、エイズ/HIV伝染、及び性伝染症について学んでみてはどうでしょう?

商業目的や広告目的ではなく、
ボランティアが運営するナイスホームページが存在します。
14年のヒストリーも有るようです。

エイズ/HIV/ AIDS 性伝染症に相関する一般向けデータや症例、
症候、加療医薬データ、Q&A、エキスパート向けデータ等を掲載されています。
引き合いにしてみてはいかがでしょう?

まずはHIVや性伝染症の叡智を高めてみるのが一番だと思われてなりませんよ。

HIV伝染やエイズは早期感知が大事です。伝染を検証する手段はただひとつ、エイズ調査を受ける事です。エイズ調査は、匿名で受けられる施設が全国に存在します。エイズ調査を強く推奨します。早期感知が出来れば、HIV伝染していない人と同じくらい、生きられるポシビリティーが存在します。一生クスリを飲み続けなければなりませんし、身体障害者手帳の交付を受けて医療費助成を受けられても、高い金額な医療費がかかります。性行動のパートナーはたった一人でも、たった一回でも、HIV伝染の危機が存在します。エイズ調査を受ける事を強く推奨します。何よりも早期感知が重要です。

男性の同性愛者の方に聞きます。

男の同性愛者の方に聞きます。アナルを使った性行動は性感染症に罹りやすいと聞きます。何か具を使って防ぐことはできぬでしょうか?
私ではコンドームくらいしか思いあたりません。朋友が同性愛者なのですが、めっちゃくちゃ気がかりです。

ベストアンサー

返答にそぐわないポッシブル性もなきにしもあらずですが書かせていただきます。

まず、なぜアナル性交渉で性感染症になるケースが大勢かです。
性伝染症は直腸で伝染しても自覚症候がないことがほぼです。
そのため、性感染症にかかっているとはつゆしらず大勢のパートナーと行動を行います。
また、人並みの調査では直腸や咽頭(のど)の伝染症はひっかからないものが存在します。
そのため、性感染症に罹りやすいといえます。

他にも生ですることが大勢文化ですので。

一番はこと。

どうしてもしたいのならば、カンペキにセーファー性交渉。
はじめからゴムをつけて、フェラもゴムをつける。

また、どのような疾病がアルのか知ると言うことも性感染症の予防には効き目的的だとおもいます。

ゲイ(同性愛者)同士のセックスで感染しやすい性病

ゲイ同士の、フェラとかアナル性交渉で
性伝染症になるケースが大勢疾病って何が存在しますか?
HIV以外側でお願いします。
あと、防ぐのはコンドームが一番イイんですか?
なんかついこの間性感染症が恐怖で(汗

ベストアンサー

基礎的に同性間・異性間問わず
コンドーム無しでのアナル性交渉は
あらゆる性伝染症のリスクが跳ね上がります。
フェラチオも交えて主に挙げるなら
生殖器クラミジア伝染症、
淋菌伝染症(淋病)、肝炎、
梅毒、生殖器ヘルペス…
などでしょうか(^^;
コンジローマやカンジダも怖いですね!

わたしだけは大丈旦那なんて思って
セイファー性交渉を怠けていると
高公算で伝染しちゃうんで、
ほんとに注意してくださいね・・。

>あと、防ぐのはコンドームが一番イイんですか?
おっしゃる通り、現在の現状では
コンドームの活用が一番の防衛策です。

ですが、どういう伝染コースで
性感染症にかかるか分からないんで
僕は念のための常備医薬として、専用のお医薬を購買してます。

持ってると気持ち的にもだいぶ楽!
だけどコンドームはゼッタイ付けてますよ(^^)

ゲイは不特定大勢と性交する人が多めなので
主さんも疾病には注意して楽しんで下さいね。
周期的に調査もうけましょうね!

よく両性愛、同性愛が増えて性病が増えたと聞きます

善く両性愛、同性愛が増えて性感染症が増えたと聞きますが、
シンプルにモラルの設問じゃないのでしょうか?
閲覧サンキューございます。

パートナーやわたしを重要に思ってるなら調査はするし加療もしますし、
両性、同性相関ないのでは?
異性愛者でもモラルがなければ同じ事ですよね?
同性愛者しかならない性感染症でも在るんでしょうか?

避妊具が避妊以外側でも性感染症予防でも在るのは勿論知っています。
それ含め、同性愛、異性愛共にモラルは重要だと思ってしまいます。
懐妊からで、そこまで軽くうーんと頭をひねってしまうものなんですかね?
わたし自身、好きになったら性別相関ないと思っている人間なので同性愛自体は
否定は無いですが、形は相関なく好きなら思いやりの気持は持てよ…という気持が存在します


ベストアンサー

うん、オレも性感染症が増えたのは同性愛者だけのせいではないと思われてなりません。オレはゲイですが、「同性愛者のせいで性感染症が蔓延してる」と言われるとアタマにきます。

ただ、ゲイの親友から次のような話を聞いたことが存在します。

「一般的に、女子より男のほうが性欲が強い(例外側も在ると存じますが、アベレージとしてはやっぱりこれって設問ないと思われてなりません)。とすると、男と女性のカップルのケース、の人に伝染させるリスクが高いのは男のほう、ということになるが、男同士の同性愛者のケース、どっちも「男」だから両方が周辺にばらまくので、同性愛者のほうが伝染のスピードが速い」

全面的に賛成は行えぬけど、「うーん、一理在るかも」と思ってしまいました。出会ってからエッチに発展するスピードはゲイはノンケより圧倒的に速いからね(勿論総員じゃないです。ただアベレージとしての差は歴然としてるとオレは思われてなりません)。

同性愛者(とくに男性の場合)は性病の感染率が高いのですか?

男と女子が人並みの性交渉を行うケースとでは性感染症の伝染率が異るらしいのですが、そもそも性感染症の出所って人間同士でやっていれば無菌コンディションのはずなのに、外側でやったり他の動物とやるから性感染症が蔓延しているのでしょうか?

ベストアンサー

伝染率が一番高いのは(現在目下)男同士の性行動です。
男と女性間になると低くなります。

インターネットで検証するとどのサイトにも同性愛者の伝染率が一番高いことを表してます。

健全に男と女性間だけで性行動をしていたら「性感染症」や「エイズ」に
おびえることはなかったのに、人間の愚かな行動でこんなに性感染症が広がって
しまってやりきれない気持ちになります。

現在の時代、わたしを守るのはわたしです。

コンジロームの薬について

現在、加療中で、ベセルナクリームを塗っています。が、前は人並みの皮膚にイボができたので良かったんですが、現在度は、膣口にできたため、医薬が塗りにくいし、周りの皮膚を広げて膣口の粘膜に塗らなきゃので大変です…。

で、強い医薬なので健康な皮膚もダメにするんですよね?この前、あまりにも塗りにくい・治癒する気配がないので、ちょっと嫌気がさし、多目に医薬を塗ってしまったところ、相関ない所がチクチクしてきました…(これからは量に気を付けますが↓)

現在日、医薬を塗らなきゃない日なんですが、現在日は止めた方がィィですか?m(__)m

ベストアンサー

鼠径リンパ肉芽腫は学修になりました。尖圭コンジローマとしての問掛ですのでそちらの疑惑は晴れたということでしょうか。きてくださるかもしれないのですがとり急ぎ。

そうですね、膣口はまだ外側側なので活用完了する範囲なのですが、やはりベセルナクリームは健康な皮膚にものケース作用を出してしまいます。そのためなるべくイボに最小限の適量を塗りこむことが望ましいですね。

膣口や尿口付近へ活用し、疼痛、浮腫等が起きてしまうケースは排尿困難を起こすこともので、このような変調が出たケースは活用を中止して医師に協議、妥当な処置を行うようにとベセルナクリームそのものの副作用の解説書きにも記されています。チクチクという現在のコンディションはカーナーリ微妙では存在しますが・・・不安であれば一回中止して主治医に協議してみてください。レベルはどうしても皮膚症候は起きるものですし、そういう症候が出るということはイボの消滅を行ってその上で治癒を行っているということとも言えますのでレベルは方法ないのでもう一回塗ってみても好い範囲でもありそうなのですが、塗ってみるのであれば、それで明瞭にに皮膚症候が深刻化するというのであれば中止して協議するようにしてくださいね。症候を専門医と協議して、継続ポッシブルかをみていくようにしてください。

鼠径リンパ肉芽腫 足の付け根のリンパ腺が腫れています

足の付け根のリンパ腺が腫れていますが原因がわかりません

先週気づいたのですが、足の付け根のリンパ腺が1cmくらいに腫れていて、押すと痛苦が存在します。良く足に怪我などが有るとリンパ腺が腫れる、とイイますが、どこにも怪我も何もないのです。健康コンディションもイイです。ガングリオンや粉瘤とも違い、リンパ腺です。

思い当たるとしたら、2,3週間前に局部の横に粉瘤のようなニキビのような出来物ができ、その時はかゆくてかいたりしました。殊に潰れたりはせず10日くらいで治って色素沈着だけ残ってます。それと1カ月くらい前にちょっと乱暴な行動で膣の中が出血してしまい、しばらくおりものに膿?のようなものが混じっていました。現在は何ともありません。

現在腫れているリンパ腺の方で思い当たるのは上記の二つくらいです。

問掛ですが、
①怪我等があって治ってからリンパ腺が腫れることは存在しますか?
②もだけどもたら上記の時にもうリンパの症候も同時にあって気がつかなかったのポッシブル性もなきにしもあらずですが、2,3週間もリンパが腫れたままということは存在しますか?
②のところで付け足しです。
「2,3週間もリンパが腫れたままということは存在しますか?」→「傷等が治ってから2,3週間もリンパが腫れたままということは存在しますか?」
海外側に住んでいてなかなかイイ師匠がいません。宜しくお願いします。

ベストアンサー

鼠径リンパ肉芽腫のポシビリティーが存在します。

急性骨髄性白血病について詳しく教えてください。

がんや白血病は親戚やファミリーに発症した人がいなくても、かかることは存在しますよね?

親戚が急性的骨髄性白血病になりました。
症候、加療方法、入院期間、医療費、治癒する疾病なのか、どのくらいで治癒するものなのか。
ともかく事細かにご教示ください。

20代で発症する公算はどのくらいでしょうか?
やはり高齢者のほうが発症しやすいのでしょうか?

ベストアンサー

なるべく事細かに解説しますので外側部リンクなどを活用しました。

まず急性的骨髄性白血病はファミリー歴や遺伝的素因というものはありません。
日本では人口10万人あたり5.5人の割合で発症します。
意外側に白血病は少ないものです。

白血病と判断するのは急性的白血病のケースは、臨床症候をもとに、末梢の血球数と白血球仕分けの結末、貧血、好中球減数症、血小板減数症に加え芽球の出現を認め骨髄穿刺によって20%以上(WHO仕分け)の芽球の増加を確証すれば確定されます。

症候は急性的白血病では各病型で初発症候が違ってきます。

基礎的には白血病は骨髄が腫瘍細胞で占拠されつつ存在しますので、赤血球の減数での貧血症候(40%)や全身倦怠感(40%)、正常白血球の減数での伝染症による発熱(40%)、血小板の減数による出血偏向(49%)が起こりやすくなります。

出血症候は、皮下出血、歯肉出血、抜歯後の大出血、女子の不正出血、眼底出血、喀血、消化管出血などで現れることが存在します。
他にはリンパ節腫脹(7%)、骨関節痛(6%)、口内側炎(5%)、その他15%です。

急性的リンパ性白血病ではリンパ節の腫脹が、単球性白血病では歯肉の腫脹と出血、急性的前骨髄性白血病では出血偏向が、骨髄芽球による緑色腫では眼球突出、巨核芽球性白血病では、発熱、リンパ節腫脹などで露見する事が存在します。


有る方が、やさしく白血病についてサイトが存在します。

白血病の加療には抗がん剤を用いた化学療法や骨髄移植、末梢血幹細胞移植、臍帯血移植などが存在します。
また伝染症加療のための抗生物質の投与や輸血なども行う事が存在します。
さらに中枢神経の腫瘍浸潤のケースに放射線照射を行うケースが存在します。
M3種類の急性的前骨髄性白血病の加療のケース、ATRA療法という特殊な加療法が加療効き目を飛躍的に高めてます。

各加療法他の加療スコアについては、こちらの知恵袋で私が解説してますので引き合いにして下さい。

そして根治的加療で行われる骨髄移植の意義についても、まとめてますので、こちらを引き合いにしてみてください。

加療経費は100万円~1000万円くらいになるケースも存在します。
加療内側容、加療効き目、加療期間(おおむね10ヶ月以上、平均して3~6年くらい、ときに10年近くになるケースも存在します)によって加療経費が飛躍的に変わってきます。


20代で発症する公算は全年令で非常に出現率が少ない割合です。
白血病の全年令罹患率は10万人当たり男6.4人、女子4.0人です。(1998年)
20代の男で2.1人、女子で1.4人で共に全年令で最低限です。

白血病が発症しやすい年令は、まず0歳から9歳までです。
その後は発症率が半減していきます。
そして前述のように10代から30代が発症出現率は対比的少ないです。
そして45歳を過ぎると発症率が高まり、さらに年令を重ねるレベル発症率が高くなります。(40代後半男5.8人、女子3.3人と、ほぼ平均)
70代では3倍以上の発症率になります。(70代男26人、女子14人、80代男40人、女子18人)

急性的リンパ性白血病は1歳~9歳に大勢です。だけどもその後は急性的骨髄性白血病の比率が高まってきます。
慢性的リンパ性白血病や成人T細胞白血病は高齢者がほぼです。
慢性的骨髄性白血病は小児などすべての年令でみられますが50歳くらいが発症の中央値で加齢とともに増加していきます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。