スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TITLE。ァスポンサーサイト |  スポンサー広告 |  PAGE TOP  | HOME

[EDIT]

B型肝炎キャリア

jam_dead_jamさん

B型肝炎キャリアについてご教示下さい。

男性の友人からB型肝炎だと白状されましたが、普通に接触している分には、ワタシに伝染する可能性はないでしょうか?

また、ワタシに伝染するとすると、どのようなコースで伝染するのでしょうか。






ベストアンサーに選ばれた返答



horoyoitanukiさん


調査した事を貼り付けますので御覧下さい。

B型肝炎の特色をイージーにまとめると
HBVは、主として伝染している人の血液を介して伝染する。また、HBVを含有する血液が混入した人の体液などを介して伝染することも在る。
HBVの伝染には、伝染成立後一定期間の後にウイルスが生体から排除されて治癒する「一過性の伝染」とウイルスが年余にわたって生体(主として肝臓)の中に住みついてしまう「持続伝染」(HBVキャリアコンディション)との2つの伝染様式が在る。
一様に、成人が初めにHBVに伝染したケース、そのほぼは「一過性の伝染」で治癒し、臨床的には終生免疫を獲得し、すっかり伝染することはない(近年、成人が初めにHBVに伝染したケースでも、HBVの在る特定遺伝子型:ジェノ種類Aに伝染したケース、10%くらいの出現率でキャリア化することがわかってきました)。
HBVの一過性伝染を受けた人のは自覚症候がないまま治癒し(不顕性の伝染)、の人が急性的肝炎を発症する(顕性伝染)。また、急性的肝炎を発症したケース、稀有に劇症化することが在る。
不顕性、顕性伝染の区別なく、治癒した後には臨床的には終生免疫を獲得する(だけども、ついこの間になって、当人の健康上設問はないものの、ウイルス学的に、肝臓の中にごく微量のHBVが延々存在し続けていることがわかってきました)。
HBVに伝染している女親から出生した児のHBV伝染予防をせずに遺棄したケース、児はHBVの持続伝染者(HBVキャリア)となるケースが在る(母子伝染予防策を講じることにより、ほぼの例でキャリア化を防止することが)。
乳乳児期にHBVに伝染したケース、キャリア化することが在る。
HBVキャリアのうち10~15%が慢性的肝炎を発症する(慢性的B型肝炎)(正確には、HBVキャリアの一団を断面でみると、10~15%の人にALT(GPT)値の変調が認められることがわかっています)。
慢性的B型肝炎の加療法には、肝庇護療法、抗ウイルス療法、自己の免疫力を高める加療法などが在る。
慢性的B型肝炎を発症したケース、遺棄すると、気がつかないうちに肝硬変、肝がんへ進展することが在るので、注意が必須で在る。
一様に、HBV持続伝染に起因する肝がん(B型の肝がん)は、慢性的の炎症が持続した結末線維化が進展した肝臓を出現母地として、50歳代前半の年令層に好発する(しかし、肝の線維化が進んでいない若いHBVキャリアにも肝がんが出現することが在るので、注意が必須で在る)。
B型肝炎の起因は何ですか
B型肝炎ウイルス(HBV)の伝染による肝炎をB型肝炎と呼びます。
B型肝炎には、成人が初めにHBVに伝染して発症した急性的B型肝炎と、HBVキャリアが発症したHBVキャリアの急性的増悪や、慢性的B型肝炎などが存在します。慢性的肝炎が進展し、肝臓の線維化がすすんだコンディションが肝硬変で、このような人の肝臓には肝がんが出現することが存在します。しかし、HBVのケースは、肝硬変になっていなくても肝がんが出現することもあり、注意が必須です。
つまり、慢性的B型肝炎、肝硬変、肝がんは、HBVの持続伝染に起因する一連の疾患で在るといえます。
B型肝炎ウイルス(HBV)に伝染すると
HBVに初めに伝染すると、全身倦怠感に引き続き食欲低調、悪心・吐瀉などの症候が出現することが存在します。これらに引き続いて黄疸が出現することも存在します。黄疸以外側の他覚症候として、肝臓の腫大がることが存在します。このケース、右背部の鈍痛や叩打(こうだ)痛をみることが存在します。これが急性的B型肝炎(HBVの顕性伝染)です。だけども、HBVに初めに伝染しても自覚症候がないままで経過し、ウイルスが生体から排除されて、治癒してしまうことも存在します(HBVの不顕性伝染)。
なお、HBVキャリアが肝炎を発症したケースにも、急性的B型肝炎と同様の症候が出現する(HBVキャリアの急性的増悪)ことが在るため、肝炎の症候がみられたケースには、妥当な調査を行って両者を区別する必須が存在します。
また、HBVキャリアが慢性的肝炎を発症しているケースでも、ほぼのケース自覚症候が乏しいので、定期的に肝臓の調査を受け、かかりつけ医の手びきの下に健康管理を行い、必須に応じて加療を受けることが大事です。



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1235512157
※この記事の著作権は配信元に帰属します
スポンサーサイト

TITLE。ァB型肝炎キャリア |  病気 |  PAGE TOP  | HOME

COMMENT(0) | TB(0) | [EDIT]

・ウ・皈ネ
・ウ・皈ネナ�ニ
エノヘシヤ、ヒ、タ、アノスシィ、ト、ケ、

・ネ・鬣テ・ッ・ミ・テ・ッ

TRACKBACK URL。ァ

http://seibyounonayami.blog.fc2.com/tb.php/102-0532c44c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。