スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TITLE。ァスポンサーサイト |  スポンサー広告 |  PAGE TOP  | HOME

[EDIT]

昨年10月に尖圭コンジローマと診断されました

chiekono0109さん

尖圭コンジローマについて
昨年10月に尖圭コンジローマと診療され、11月にオペを受けました。
と思われる性交渉は9月末です。

彼のほうは症候はいまのところ出ていません。
私の方も現在の所再度発症はないようです。
だけども先月HPVのDNA調査をしたところ、尖圭コンジローマのとされる
11型が見つかりました。他にも16型と56型も見つかりました。

またDNA調査をすれば経過観測のほうはできますが、調査代が2万円とで
なかなか施行は容易ではないかと思われます。

私は現在の彼と婚姻をおり、彼との懐妊を望んでいます。
でも私からカンペキにHPVがいなくならなければ避妊具をつけない性交渉は無理なのでしょうか?

どのくらい経過を観測したらよいですか?
そして11型、16型、56型は自然治癒は望めますか?
補足彼氏は10月に泌尿器科へ受診しましたが、殊にイボなどの症候もないことから
もう伝染の気がかりはないから大丈だと言われたそうで、殊に
その後も症候もなく現在まできています。



ベストアンサーに選ばれた返答



synapsefallerさん


ちょっと必須そうですので


HPVのDNA調査でまだ感知されたということでHPVは残っているわけですが、自然治癒がないという伝染症ではないですよ。尖圭コンジローマを始め、HPVそのものに直接効果が有る医薬というのは存在していないわけで、伝染細胞が固められてイボとなって発症してくるのであればそのイボを切り取って体から離し、その上でまだ身体に残っているHPVは免疫による駆除に任せることで加療をしていき、再度発症をしなくなったらそれで完全な治癒ということになります。一回発症してどんどん繁殖しているのであればそこからの自然治癒はさすがにまず無いはずですが、加療後の経過観測のタイミングや発症間というのは自然治癒に任せるものですね。11型も、子宮頸癌の方に相関している16型も56型でも自然治癒は充分望めますよ。そうして完全な治癒を目指すものですからね。


理想としてはやはりカンペキに居なくなるまで、または最後の加療から3ヶ月レベル(医師の判断によりくらいするケースあり)の経過観測で再度発症がないということで完全な治癒を判断、それまでは控えるのが好いはずでは存在しますが、性暮らしの再開に関しては判断も容易ではないでしょうから医師の判断に任せられています。尖圭コンジローマに関してはイボの直接コンタクトでなければまず大丈ということで、医師が已に伝染の気がかりはないと判断するなら再開してナイスというのが一般的でしょうね。慎重を期すならあなたの方にウイルスは先月の段階では確証はされているのでもうしばらく控えておくと好いポッシブル性もなきにしもあらずですが、そのあたりはあなたの主治医の師範の方に協議してみたほうが好いでしょうね。



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1153909016
※この記事の著作権は配信元に帰属します
スポンサーサイト

TITLE。ァ 昨年10月に尖圭コンジローマと診断されました |  病気 |  PAGE TOP  | HOME

COMMENT(0) | TB(0) | [EDIT]

・ウ・皈ネ
・ウ・皈ネナ�ニ
エノヘシヤ、ヒ、タ、アノスシィ、ト、ケ、

・ネ・鬣テ・ッ・ミ・テ・ッ

TRACKBACK URL。ァ

http://seibyounonayami.blog.fc2.com/tb.php/115-b06a86c8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。