スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TITLE。ァスポンサーサイト |  スポンサー広告 |  PAGE TOP  | HOME

[EDIT]

HIVへの新薬の開発は進んでないのですか?

soudan20092009さん

HIVへの新医薬の開発は進んでないのですか?
20何種類あって使ってるのは13個という話を耳にしました。
僕としてはさらに開発されてほしいわけですが、
なかなか出てこないのですか?
あとなんで医薬がのに、つかわれて
無いものがんですか?
やっぱり副作用ですか?




ベストアンサーに選ばれた返答





rjn_saさん




少々PCから離れていたら前の返答が解決済みになっていますね。
さりとてあげてしまった「?」を残しておくのもそれはそれで精神面に良くないポッシブル性もなきにしもあらずですので、必須と思われるものに返答してしまいます。

そもそもHIVはまだ世の中で認識されてから30年くらいのウイルスで、その性質もわからない未知のウイルスのコンディションから30年で20もの医薬剤が開発されたのはハイスピードと言えます。
使われなくなる医薬が増えるのは副作用は勿論ですが効果がか細いものは新しいクランケさんには使われなくなっていくのがごく自然なところです。そうして加療ガイドラインで推奨される医薬剤から外側れていきます。

問掛者様が医薬の種類があればイイと考えを巡らせているのは医薬と医薬剤耐性の獲得のデータだけを得られているからだと思われてなりません。これも実は「理論と現実の違い」で考えることが出来るものです。加療の現実についてご解説するのがよろしいかと思われてなりませんので解説します。
HIV陽性の方は周期的に診療機関で受診・採血を行い、ウイルスの量や免疫を確かめます。このときに医薬剤耐性を獲得して医薬がきかなくなっていることはわかりますので、医師は医薬剤耐性が確証できた段階で処方を転換します。
転換後の医薬剤にまた耐性ができたら等しく・・・・となりますが、これが3回4回と続いたらどうでしょう。明瞭にに服医薬が遵守されていないことが想定されます。
服医薬加療というのはクランケがわたしの意思で服医薬出来るという前提があって、医薬を持って帰ってわたしの意思で飲む、という加療が出来るわけで、その前提が崩れているケースには、クランケの服医薬事態を見直さなければなりません。
服医薬確証のメールアドレス(服医薬時刻に自動でメールが届き、服医薬したらクランケが返信する)がされ服医薬履歴が自動集計されて、必須に応じて医師がするといったシステムが導入されたり、ケースには服医薬手びきのための入院、訪問看護師の派遣など、段階的により強い服医薬手びきをおこなっていきます。高齢になって痴呆症候の陽性者の方などは、ヘルパーさんが業務のひとつとして服医薬確証を行っています。

怪我のあとのリハビリを想像してください。わたし身勝手にやってまた怪我をした、としたら次はわたし身勝手にはやらせずに手びきをする人がつくでしょう。

何度も繰り返し耐性獲得をさせるような、怠慢な服医薬手びきは臨床の現場にはないと思っていただきたいと思われてなりません。医薬がきちんと飲めるようになっていなければ、医薬の種類がいくら増えても同じことです。
はじめから耐性獲得を前提とした医療ではなく、耐性獲得を頻繁に起こさせない医療が提供されるのが「現実」なわけです。


なお厳密に言えば現下は多剤併用療法が基礎になっているので、13種類の医薬剤のうち2~3種類を服医薬します。これって、ウイルスを抑制するという目的は同じでも、ウイルスが繁殖するまでのどのステップを阻害するのかが異なる医薬剤を併用したほうが、医薬剤耐性ができにくいことがわかっているからです。



スポンサーサイト

TITLE。ァHIVへの新薬の開発は進んでないのですか? |  病気 |  PAGE TOP  | HOME

COMMENT(0) | TB(0) | [EDIT]

・ウ・皈ネ
・ウ・皈ネナ�ニ
エノヘシヤ、ヒ、タ、アノスシィ、ト、ケ、

・ネ・鬣テ・ッ・ミ・テ・ッ

TRACKBACK URL。ァ

http://seibyounonayami.blog.fc2.com/tb.php/127-bc1b9486

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。