スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TITLE。ァスポンサーサイト |  スポンサー広告 |  PAGE TOP  | HOME

[EDIT]

HIVウィルスの治療について

kune784さん

HIVウィルスの加療についてです。
以前より新医薬の開発はすすんでいると思うのですが、完全な治癒するような特効医薬は当面出ないでしょうか?





ベストアンサーに選ばれた返答





rjn_saさん




大変容易ではない問掛ですね。

HIVは異変しやすいウイルスでことから、すべてのHIV陽性者が抱えているウイルスに適応完了する医薬を作っても、その医薬への耐性を持つウイルスが誕生してしまわないかを確証する必須があり、真実の旨趣での完全な治癒医薬が完了するまでにはめっちゃくちゃ長い期間と人材が必須でと思われてなりません。
人材が、というのは、もしHIVよりも伝染力の高い新興伝染症が次々出てくるようだと、そうした伝染症の解析に解析者がうつっていくために、解析が停滞するということもあり得るのです。そうした社会的なファクターもまた医学の進歩に大きな作用を与えます。

ちなみに現下の抗HIV医薬でも、理論上は何時かウイルスが体内側からいなくなる日が来るはずなのですが、現下の医薬ではそれまでにかかる「医薬を飲み続けなければならない期間」が計算上でもう人の生存期間を超えてしまうのです。

さりとて、科学の偉大なる新感知がたまたまもたらされることがこれまでもたくさんありました。なので、もしかすると突然HIVを体内側から消し去る方法が感知されるポッシブル性もなきにしもあらずです。
また、ここ数年はHIVをこれまでの医薬とは異るで活動抑制する医薬が開発されています。パーソナルにさまざまな解析アナウンスなどを見ていますと、さっさとに完全な治癒医薬が出ることはないと存じますが、そう遠い日のことでもないのではないかとも感じることが存在します。


スポンサーサイト

TITLE。ァHIVウィルスの治療について |  病気 |  PAGE TOP  | HOME

COMMENT(0) | TB(0) | [EDIT]

・ウ・皈ネ
・ウ・皈ネナ�ニ
エノヘシヤ、ヒ、タ、アノスシィ、ト、ケ、

・ネ・鬣テ・ッ・ミ・テ・ッ

TRACKBACK URL。ァ

http://seibyounonayami.blog.fc2.com/tb.php/128-93e4b91e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。