スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TITLE。ァスポンサーサイト |  スポンサー広告 |  PAGE TOP  | HOME

[EDIT]

エイズ関連症候群について

pcobc51さん

エイズ相関症候群について
1日前調査でHIV+と言われました
わたしの症候からみても、已に潜伏期間を経た
エイズ相関症候群のコンディションに在ると思われてなりません
1ヶ月以上の発熱・体重減数・下痢・疲労やすい

このコンディションでも医薬で発病を遅らせる事はポッシブルなのでしょうか?
個体差が存在しますが、残された命どのくらいなのでしょうか・・・




ベストアンサーに選ばれた返答





rjn_saさん




少なくとも問掛者様は調査場に自力で出向ける体力がおありなわけですよね。
でしたら発症(発病ではなくエイズ発症と言います)を抑えることはポッシブルです。エイズ発症していなければ残された命は伝染していない人と数年異るか違わないかレベル、現在後医療の発達を見越せば変わらないと言ってよいといえます。

しかしそのためにはすみやかに受診されることが必須です。

調査場が一般的な保健所などであれば、拠点ホスピタルへの紹介状をもらっているかと思われてなりません。HIV伝染症の診療は基礎的に拠点ホスピタルで行われますので。
ですのでそれを持ってまずは拠点ホスピタルへ行くことが重要です。
決して症候を自己判断してはだめです。エイズ相関症候群と想定されていますが、HIV伝染者は免疫力が下がっているために、エイズとは無相関な伝染症にもかかりやすいコンディションです。つまり、伝染症の重複伝染のポシビリティーを否定出来んのです。これってホスピタルに行って調査をしてくっきりさせることが重要です。
また、投医薬が必須なケースは抗HIV医薬への耐性を持ったウイルスで在るかどうかをやはり調査と、どの医薬を使うか決定できません。
いずれにせよ、医療にすみやかにアクセスすることはめっちゃくちゃ重要です。残された命を左右する「個体差」は、体質の個体差だけではありません。どのような行動をとられるか、その個体差がめっちゃくちゃ作用するのです。

代表的な支援団体がしている以下のサイトもぜひっご覧になってください。必須であればTEL合議なども活用されるとよろしいかと思われてなりません。
スポンサーサイト

TITLE。ァエイズ関連症候群について |  病気 |  PAGE TOP  | HOME

COMMENT(0) | TB(0) | [EDIT]

・ウ・皈ネ
・ウ・皈ネナ�ニ
エノヘシヤ、ヒ、タ、アノスシィ、ト、ケ、

・ネ・鬣テ・ッ・ミ・テ・ッ

TRACKBACK URL。ァ

http://seibyounonayami.blog.fc2.com/tb.php/140-6628e8a5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。