スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TITLE。ァスポンサーサイト |  スポンサー広告 |  PAGE TOP  | HOME

[EDIT]

これは本当なのでしょうか

cocoro26262626さん

これって真実なのでしょうか…?エイズが、世界スケールで広がった、真実の「理由」2010-12-28 18:40:36 |オルタナティブ通信「鳥インフルエンザは、米軍の、 生物兵器で有る」1972年当時、エイズ伝染は世界スケールではまだ拡がっていなかった。WHOは、なぜエイズの解析が必須と判断しているのか?予防のためであろうか?「1977年、WHOはアフリカ、ブラジル、ハイチで天然痘予防ワクチンにエイズ・ウィルスを混ぜ、有色人種に対し料金不要で大量に接種した。」新聞「ロンドン・タイムズ」1987年5月11日付。WHOがエイズ・ウィルスについて解析していたのは、予防のためではなく天然痘ワクチンに混ぜエイズを注射し、有色人種を大量虐殺するためであった。ミドリ猿は細菌、ウィルスの人間への伝染を動物実験するケースに「人並み活用される」モルモットで有る。WHOの「主張」によれば、初期にエイズの大はやった、アメリカ・ロサンゼルスの街頭には、「ミドリ猿が、大量に、放し飼いになっており、人間に自由に、噛み付いていた事になる」。しかも酷寒のロスアンゼルスの真冬にも、黒人のゲイの男たちが、わざわざ、ミドリ猿に「噛み付かれる」目的で、ほぼ全裸で日常的に歩き回っていた事になる。そして、ミドリ猿は、黒人のゲイの男だけを、「特殊な能力によって」見分け、噛み付き続けていた事になる。WHOは、アメリカ政府と、WHOが、ゲイの男は肝炎にかかる公算が高いとして、ゲイの男をターゲットに、肝炎の予防注射を行い、この予防注射の中にエイズ・ウィルスが混入されていたを、インペイし、隠している。「WHOは、ミドリ猿を活用して、人間を大量虐殺するためのエイズ・ウィルス生物兵器開発を行っていた事を「自白」してしまっている。「不思議な事に」、肝炎の予防注射を受けた男の8割近くが、エイズで亡くなっている。
補足真実であれば、予防の為のワクチン接種が怖くなります。
私は予防接種などはする機会はないですが、
現在一歳のムスメが予防接種を沢山受けてます。
色々な疾病を調べていた時、HIVやエイズについて基礎叡智として学んでいた所これを読み、恐ろしくなりました。
HIVやエイズに関わらず、小児がわたし自身を守っていけるよう、どのようなふうに教育していくか何時も悩みます。
みなさんのご意見をお願い致します。



ベストアンサーに選ばれた返答





f156f2syさん




陰謀史観、という言葉をご存じですか?

現在までの世界史上、不可解だったり、後世の人間には
良く把握できぬ理由で起きたことを、すべていろんな、有る特定の
機関とか組織のせいにしてしまう、という考え方です。

そこで語られていることについては、リサーチして戴くと
さっさとに出て来るので、調べて戴くとして。

なぜこれが何時の時代、何時の世界にもはびこるか、と言うと、
その、事象が起きた起因が、「後世の人間に把握できぬ」、
「一般の人間の、ちょっとした不注意とか、無学、などの
何時でもだれでもやりがちなことが起因だったりするのが、
殊に把握できなかったり、<信じたくない>というのが真実のところ」と
言われています。

現実には、その頃には起因がわかっていなかったり、
ちょっと注意すればさっさとに予防出来ることでも、わからないですから
後から考えたら「なんで?」と思うようなことを平気でしていたり
するんですよね。

・・・後付けで、「なぜこうしなかったか」ではなくて、
「なぜ出来なかったか」を検証するのは、ふたたび発症を防ぐ、という
部分では旨趣の有ることですが、「こうしなかったのは、こういう<陰謀が
あった>からに違いない」という論調を見たり読んだりすると、
異るなあ、とものすごい違和感を感じます。

「陰謀史観」を認めると、めっちゃくちゃ楽ですよ。
「わたしは相関ない」「民衆はそんなに愚かじゃない」
「何処かの誰かが悪いだけ」って思えますから。

ただ、それではこれからどうしたらイイか、これから
現在までのようなことを起こさないようにすればイイか、
という考えは一切出て来なくなりそうなのが、
一番嫌ですね。

ちょっと話がずれましたが、何事も一方からの
考え方しか目にすることはない、耳に入れないのは
「片手落ち」だと思うので、オフィシャルなエイズについての
解析とか、伝染の広がり方とかの描かれたものも
読たまさかるなり、ご覧になるなり、して見てはどうかな、と
思われてなりません。

マシュー・モディンという俳優さんが主演して
アメリカで作られた、エイズ・ウイルス特定に至るまでの
苦労が描かれたドラマが有るはずです。
確かDVDにもなってるのではないかと思われてなりません。
そういうのを見るだけでも、「こういう考え方も有る」と
思えると思われてなりませんよ。

追記
遺憾、ビデオしかなかったです。
図書館などでご覧になるか、動画を探してみてください。
「天の配剤の瞬間(とき)・・・そしてエイズは蔓延した」
というドラマです。
スポンサーサイト

TITLE。ァこれは本当なのでしょうか |  病気 |  PAGE TOP  | HOME

COMMENT(0) | TB(0) | [EDIT]

・ウ・皈ネ
・ウ・皈ネナ�ニ
エノヘシヤ、ヒ、タ、アノスシィ、ト、ケ、

・ネ・鬣テ・ッ・ミ・テ・ッ

TRACKBACK URL。ァ

http://seibyounonayami.blog.fc2.com/tb.php/151-3155b213

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。