スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TITLE。ァスポンサーサイト |  スポンサー広告 |  PAGE TOP  | HOME

[EDIT]

鳥インフルエンザが、人から人へ感染

martinmasashiさん

鳥インフルエンザが、人から人え伝染するようになることが非常に懸念されていますが、わからないことが存在します。懸念する理由として、鳥インフルエンザウィルスに対して人間には免疫がないから
だといわれていますが、人並みのインフルエンザでもDNAが、かきかえられ例年免疫が行えぬから伝染して発病していると思われてなりません。同じことだと思うのですが?あと免疫がないのなら人並みのインフルエンザのように出現したとたんにワクチン製造をして即予防接種をうけさせることは行えぬのでしょうか?
補足早速のご返答サンキューございます。さらに問掛ですが、もし鳥インフルエンザが人から人へと伝染するようになれば、スペイン感冒のようなたいへんな数の命にかかわることになりますか?医療が発達した21世紀でも油断はならないのでしょうか。



ベストアンサーに選ばれた返答





gakushikikeikennsyaさん




鳥インフルエンザ(H7N9やH5N8は)全然他の種と考えを巡らせてもレベルウイルス殻表面が違っていますので、従来はひとに伝染しなかったものです。
いま流行中のH1N1pdm09やH3N2などは、表面抗原のがマイナーチェンジしても、大きな部分での抗原がなければ、従来のワクチンが全然無効ではなく、共通抗原部分でアルレベル適応完了するのです。

インフルエンザウイルスのRNAに対して免疫体を産生しているのではなく、ウイルスの膜表面蛋白に対する免疫体を持つことが現在現在でのワクチンの大大勢です。

全然の別種のワクチンを作るのには、現実完了するのかどうかもですが、効き目的性の確証や、製造ラインでも数か月単位の日時がないと、必須数が生産行えぬという物理的も存在します。

何時ぞや、人類が初めにエンカウントし、人類の3分の1が伝染したといわれるスペイン感冒も、死体発掘による証拠から、H1N1亜型の鳥インフルエンザがはじめて、ひとに伝染するようになった発端でアルとされています。

インフルエンザは、長い間間の免疫体価を維持行えぬという点がなので、短に免疫体が減少していき、生涯にわたって免疫を持てないという点がなのであろうと思われてなりません。したがって、同じ型のインフルエンザでも、例年ワクチン接種が必須なのです。

補足:
スペイン感冒の時代とは違って、医学が進歩していますから、そうやすやすとは大量の死者が出るとは思えません。
まずは、ノイラミダーゼ阻害医薬の加療医薬が効き目的でアルことがわかっています。
H7N9に対しては、早期からタミフル2倍の投医薬の指針が伝染症学会から提言されています。早い段階で呼吸不全になることが確証されているので吸入医薬より経口医薬か、ラピアクタの点滴が有用ということで、中国当局も昨年、ラピアクタの製造・販売の承認をしています。
さらに、現在春、厚生省が承認をプランしているファビピラビル(T-705)は、RNAポリメラーゼ阻害医薬と、従来のウイルスを細胞内側に封じ込めるものでなく、ウイルスの細胞分裂を阻害するので、医薬剤耐性ウイルスでも、鳥インフルエンザに対しても効き目的です。

H7N9鳥インフルエンザのワクチンはもう製造が開始されています。H5N1鳥インフルエンザのワクチンはもう、国民の半分レベルにいきわたる原液が備蓄されているはずです。H5N8はまだ、ひと伝染がないので、厳重な監視体制ぐらいでしょう。
スポンサーサイト

TITLE。ァ鳥インフルエンザが、人から人へ感染 |  未分類 |  PAGE TOP  | HOME

COMMENT(0) | TB(0) | [EDIT]

・ウ・皈ネ
・ウ・皈ネナ�ニ
エノヘシヤ、ヒ、タ、アノスシィ、ト、ケ、

・ネ・鬣テ・ッ・ミ・テ・ッ

TRACKBACK URL。ァ

http://seibyounonayami.blog.fc2.com/tb.php/152-e5ff2cb5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。