スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TITLE。ァスポンサーサイト |  スポンサー広告 |  PAGE TOP  | HOME

[EDIT]

インフルエンザが流行る仕組み

nankaiikanziさん

インフルエンザが流行る仕組みってどうなってるのですか?
鳥が起因なんでしょうか?

ベストアンサーに選ばれた返答

インフルエンザにはA型/B型/C型3種類が存在します

殊に脅威なのはA型です

鳥インフルエンザウイルスもA型のインフルエンザです

A型のインフルエンザウイルスは多量の宿主つ人畜共通伝染症です

殊にカモ類は多量のA型インフルエンザウイルスをもっています

このA型インフルエンザウイルスが出現源となっているようです

A型インフルエンザの表面にはスパイク蛋白があり
H16種類、N9種類なので
理論上は16×9=144種類もの
インフルエンザウィルスの下地型が存在します

A型ウイルスは構造的に変異しますから
例年少々ずつ異る型が流行るのです

だけども、怖いインフルエンザウイルスも体外側では以外側と弱く

ドアノブなどに附着したウイルスは
最長でも48で不活化します

紙の上では15分しか伝染力がありません

インフルエンザウイルスは長く生き残ることはありません

気温が下がり体温が下がると
ヒトの免疫力が減少して伝染しやすくなります
温かくすれば免疫力は上がります

また、湿度が上がると
インフルエンザウイルスを含んだ飛沫の飛ぶ距離は短くなります
水蒸気が付いて重くなり早く落ちると考えればナイスと思われてなりません

また、インフルエンザウイルスは
エンベロープと言う脂質の層を持っています
アルコールや石鹸、洗剤で脂質を溶かせば
伝染力は無くなります

含漱は10分以上経過すればウイルスが細胞の中に入るため
現実的にはあまり効き目的ではないとされています

マスクはウイルスの曝露を減らすのに効き目的です

気をつければめっちゃくちゃの割合で
伝染予防は出来ると考えを巡らせています

みなさんもお気をつけ下さいね♪

でも、鳥インフルエンザが変異してパンデミック化すれば
自宅から出ない以外側の選択肢は無くなりますが・・・

以上、通りすがりの危機管理マニアでした♪

スポンサーサイト

TITLE。ァインフルエンザが流行る仕組み |  病気 |  PAGE TOP  | HOME

COMMENT(0) | TB(0) | [EDIT]

・ウ・皈ネ
・ウ・皈ネナ�ニ
エノヘシヤ、ヒ、タ、アノスシィ、ト、ケ、

・ネ・鬣テ・ッ・ミ・テ・ッ

TRACKBACK URL。ァ

http://seibyounonayami.blog.fc2.com/tb.php/162-7649a9bd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。