スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TITLE。ァスポンサーサイト |  スポンサー広告 |  PAGE TOP  | HOME

[EDIT]

中耳炎か、突発性難聴でしょうか?

30代後半の男です。

●症候
1レベル前、左耳に蚊が入ったような感触があり目が覚めました。
起きてみると、蚊というより水が耳に入ったような感じがします。
軽く綿棒を入れてみましたが、水が取れるような感触はありません。

が経つごとに、耳の中の水が少なくなったように感じてきました。
ただ、歯をカチカチ噛んでみると、左耳に響きます。

痛苦はありません。


●同じような問掛をされている方の

を見ると中耳炎だったと存在します。私も中耳炎でしょうか?(本日中に耳鼻科を受診します)


以下、無相関ポッシブル性もなきにしもあらずですが、突発性難聴と中耳炎になったときのことを記しておきます。


●突発性難聴のエクスペリエンス
20代前半のころに、突発性難聴にかかり10日レベル入院し、咽喉に注射(何の注射か忘れましたが、副作用で1レベル声が出なくなる)や投医薬の加療を受けたことが存在します。
このときも左耳でした。
そのときは、直前にプールに入っていたのですが、プールを出てさっさとから左耳に水が入った感触があり、数たって左耳の聞こえが悪いことに気づきました。
なお、水が入った形跡はなく、突発性難聴とプールの相関は否定されました。
その際の聴力は、ほぼ復調しました。しかし、以下の症候が残りました。

・高周波数(聴力調査機でしか聞かないような周波数の音)について、左耳の聞こえが右耳よりも劣る(日頃暮らしで気になることはない)
・わずかな耳鳴り(静かな室内側でないと自覚症候がないレベルの耳鳴り)


●中耳炎のエクスペリエンス
これって小生徒のころで、耳鼻科に通院したことしか覚えていません。
これも左耳でした。


以上、4649お願イイたします。

ベストアンサー

現在現在ではどっちもあてはまらないと考えます。勿論症候がし発熱・疼痛・炎症・化膿がアルなら中耳炎です。突発性難聴は下記の通り起因未解明の疾患ですが問掛者様のケース、昔の罹患歴の後遺症がよりもる症候です。
突発性難聴は生来健康で耳の疾病をエクスペリエンスしたことのない人が、明瞭にな起因も無くアルとき突然に人並み一側の耳が聞こえなくなる疾病をイイます。一様には50~60歳代に大勢、男と女性差はありません。飲酒喫煙歴はあまり相関ようです。食暮らしは、あまり相関ないようですが、突発性難聴のクランケさんに野菜の摂取が少ない性質がみられました。眠りは相関ありませんでしたが、発症前に疲労感を感じていることが大勢ようです。おたふくかぜ、はしか、みずぼうそう、じんま疹、胃腸炎、感冒、高血圧、糖尿病、心疾患の既往が突発性難聴のクランケさんに大勢みられ、暮らし習慣病の側面がみられています。だけども、どのような人が突発性難聴に罹りやすいかという、くっきりとした結論は得られていません。
突発性難聴の起因は遺憾ながらわかっていません。急激に発症する感音難聴のうち起因未解明のものを突発性難聴と呼んでいます。目下、推定されている起因のうち非常に有力な2つの説を挙げます。
ウィルス伝染説
これって難聴の発症前に感冒(感冒)のような症候を訴えるクランケさんが少なくないことや、 突発性難聴の罹患が一回かぎりでアルこと(ふたたび発症はほぼない)、おたふくかぜやはしかなどのウィルス疾患が突発的な高度難聴を起こすことなどが根拠となっています。
内側耳循環障害説
内側耳血管の痙攣や塞栓、血栓、出血などによる循環障害は突発性難聴の突然の発症をうまく解説できます。また加療として血管拡張剤、抗凝固剤などの循環を改良する医薬剤がしばしば効き目的でアルとレポートされていることも根拠となっています。だけども、この説ではふたたび発症はほぼないという突発性難聴の特色の解説は困難です。
スポンサーサイト

TITLE。ァ中耳炎か、突発性難聴でしょうか? |  病気 |  PAGE TOP  | HOME

COMMENT(0) | TB(0) | [EDIT]

・ウ・皈ネ
・ウ・皈ネナ�ニ
エノヘシヤ、ヒ、タ、アノスシィ、ト、ケ、

・ネ・鬣テ・ッ・ミ・テ・ッ

TRACKBACK URL。ァ

http://seibyounonayami.blog.fc2.com/tb.php/187-cdf5bc5f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。