スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TITLE。ァスポンサーサイト |  スポンサー広告 |  PAGE TOP  | HOME

[EDIT]

非結核性抗酸菌症について 30代前半の女性です。

数年前に背部の耐えられない痛苦から、整形外側科から呼吸器科を紹介され
総合ホスピタルの呼吸器科で非結核性抗酸菌症と診療されました。
背部の痛苦はしばらくしてから落ち着き、自覚症候もないまま大量の服医薬をしていたのですが
感冒で他のホスピタルにかかった所、レントゲンを見た医者の診療は「殊に服医薬は必須ない」
だった為、加療を途中で止めています。

たまに原因未解明の熱が出るタイミングもありましたが、健康コンディションは落ち着いていました。
がついこの間、発熱・咳が続きマイコプラズマに伝染してるのでは・・・と診療され
後になって非結核性抗酸菌症のことを思い出しました。
10代始めに肺炎で入院エクスペリエンスもあり、その跡?は現在もレントゲンでくっきり分かると言われています。
肺の疾病が重なっている気がして不安になってきました。

もう1度非結核性抗酸菌症について調査しに行った方がナイスでしょうか。

ベストアンサー

私は非結核性抗酸菌症のクランケ様を対比的大勢診察している呼吸器科医師です。

一般的に、非結核性抗酸菌症は肺病変の重症度により加療の方針が異なります。

軽症で症候のないケースは無加療で経過を年単位で見るケースも存在しますが、私のホスピタルのケースは軽症でも加療した方が、その後の経過がよいというデータをもとに、オペを含め、積極的に加療をしています。

だけども、加療に必須な内側服医薬量が大勢、食思や肝障害などの副作用が出るケースもあり、加療中断になり、慎重に外側来で経過を観測するケースも存在します。

稀有には軽症でも対比的速い経過で肺病変が深刻化してしまう症例があり、油断は禁物です。

現実に私が貴方を診察していないので事細かにはわかりません。

だけども、少なくとも数年前に非結核性抗酸菌症と診療され、その後の経過を診てもらっていないのであれば、ふたたび、呼吸器科で喀痰調査、胸部レントゲン、CTを行って、疾病が進行していないのか、以前のレントゲンと対比してもらい、安堵されることをお勧めします。

ではくれぐれもお重要にしてください。
スポンサーサイト

TITLE。ァ非結核性抗酸菌症について 30代前半の女性です。 |  病気 |  PAGE TOP  | HOME

COMMENT(0) | TB(0) | [EDIT]

・ウ・皈ネ
・ウ・皈ネナ�ニ
エノヘシヤ、ヒ、タ、アノスシィ、ト、ケ、

・ネ・鬣テ・ッ・ミ・テ・ッ

TRACKBACK URL。ァ

http://seibyounonayami.blog.fc2.com/tb.php/196-11d8f28c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。