スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TITLE。ァスポンサーサイト |  スポンサー広告 |  PAGE TOP  | HOME

[EDIT]

近日中に性同一性障害

近日中に性同一性障害(GID)専門クリニックの外側来初診を受ける男です。当日の格好は男と女どっちの方がよいでしょうか?
私は、40代の男です。生てからこれまで女子とお付き合いをしたことはなく、女子との性交渉も風俗で年に数回レベルででした(勃起はしますが途中で萎えてしまい膣の中では射精をしたことがありません)。それも昔6、7年前からは1度もありません。女装歴は長く小スクール4年生で母や親戚のお姉いさんのアンダーウェアを着け、中生徒ではわたしで買うようになりその都度現在までお化粧をしたりして女装してました。だけども1年前から男に興味を持ちはじめ(以前から少々はありました)忍耐できずに性交渉をしました。それ以来こと有るごとチャンスを見つけおパートナーをさせてもらっています。現在は女子には興味がありません。男に抱かれて現在までにはない性のに困惑しています。そして専門医にわたしの心と体の診察を受けることにしました。みなさんのご意見をお聞かせください。

ベストアンサー

性同一性障害当事者です。MTF(体:男、心:女)です。
私は、診察は個人クリニックで、ノーメイクで上はカットソー、下はショーパンとトレンカとブーツまたはストラップシューズでした。
だけどもながら、大学ホスピタルなどは頭が固い医師やカウンセラーがいるため、そのあたりを考えると、女装が好いと思われます。

私の知り合いに岡山大学ホスピタルで32歳からカウンセリングを受けていた人がいますが、診療がおりるのに、4年もかかっています。

問掛者様のお職業はニューミックス系でしょうか? 男のパートナーもいらっしゃるのでしょうか? ホルモン以降もお考えのようですが、それならばファミリーやパートナーやからの把握は必須ですよ。パートナーからは相互把握と相互援助の相関も必須になります。

他でも返答していますが、女子ホルモンには危機な副作用(頭痛、吐き気、吐瀉、めまい、うつ、血栓症にともなう視力減少や失明および脳血栓や肺血栓や皮膚組織の壊疽、肝臓障害、腎臓障害など)があり、体を壊してしまう人もいます。

中にはフライングホルモンといって海外側から個人輸入でホルモンを入手して摂取する人もいますが、製造国で副作用がひどくて活用禁止になった違法医薬物も存在します。医薬害を受けても公的補償は受けられません。ガイドラインのホルモン投与でも副作用の害は出ます。長い間投与で体にダメージがおよびます。

ホルモンの効き目が出にくい人や副作用がひどくて長い間投与が容易ではない人には睾丸摘出オペがされたりしますが、これをやると労しいウツになったり、後からの性別適合オペが、リスクの大きいS字結腸法になったりします。私の知人で、睾丸摘出オペを美容外側科で受けた人がいますが、労しいウツになって退職を余儀なくされて療養中です。

性別適合オペ(性転換オペ)には合併症(医薬剤副作用・アレルギー、変調出血・血腫形成、創伝染・創離開、直腸膣瘻孔・尿膣瘻孔、尿狭窄、皮膚組織の壊疽、深部静脈血栓症)のリスクもあり、再オペとなるケースも存在します。

ホルモンとオペについては、それらに対する体のケアも一生続けなければダメです。性同一性障害への社会的先入観は強いので、把握を得ることが難しく、どん底のケースはニ、MTFだとューミックス系の商売以外側に行かれないケースも存在します。職業が得られずに加療やケアの中断で、体をつぶしてしまう人もいます。

上のことから、やファミリーから把握を得ることは勿論、パートナーとの間での相互把握や相互援助の相関を築けることは必須となります。拙いをすると命にかかわりますので、診療が下りてもその点は自己の判断で覚悟が必須です。
スポンサーサイト

TITLE。ァ近日中に性同一性障害 |  病気 |  PAGE TOP  | HOME

COMMENT(0) | TB(0) | [EDIT]

・ウ・皈ネ
・ウ・皈ネナ�ニ
エノヘシヤ、ヒ、タ、アノスシィ、ト、ケ、

・ネ・鬣テ・ッ・ミ・テ・ッ

TRACKBACK URL。ァ

http://seibyounonayami.blog.fc2.com/tb.php/215-da52440d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。