スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TITLE。ァスポンサーサイト |  スポンサー広告 |  PAGE TOP  | HOME

[EDIT]

インフルエンザの予防接種についての質問です。

40代後半の女子ですが、現在まで一回もインフルエンザにかかったことがなく、
予防接種も受けたことがありません。
20年以上幼稚園に勤め、予防接種は任意で各自受けていましたが、現在年園長が変わり 総員だけ接種するよう言われました。
先輩の師匠もインフルエンザにかかったことがないそうですが、
一回予防接種を受けたら具合が悪くなったと言っていました。

幼稚園に勤め、大勢の子どもたちとかかわる以上 やはり予防接種を
受けた方がのでしょうか?

ホスピタルの師匠やこのような内側容に詳しい方、どうぞご返答宜しくお願い致します。

ベストアンサー

”インフルエンザにかかったことがなく”
は心得違いだと思われてなりません。

と、いうのはインフルエンザの調査キットが発売されて以来、熱の無い(または高い熱ではない)インフルエンザ伝染症も大勢確証されています。
ですから、問掛者さまが”ただの感冒”と思っているうちのかはインフルエンザ伝染症だったポシビリティーも存在します。

また、”インフルエンザにかかったことがない”というのは現実は”インフルエンザ伝染症を発症していない”ということになると思われてなりません。これって”インフルエンザウイルスに伝染したことが無い”ということとは別物で、”伝染しても発症しなかった”ということになり、反対に免疫力が強い、ということになりワクチンを接種する必須がない、ということになると思われてなりません。
(私もそういう一人です)

さて、ワクチンを接種するかどうかですが。。。。
昨シーズン、茨城県の在る医療機関で”職員総員にインフルエンザワクチンを接種させた結末、インフルエンザ伝染症が蔓延した”ということがありました。
この理由をそのホスピタルの責務者は
”ワクチンを接種していたため症候が軽く、インフルエンザ伝染症と気づけずに職業をしていたため、他の人たちにも伝染させてしまったのではないか”
と解説していました。
真偽のレベルはわかりませんが、ワクチンを接種することがインフルエンザ伝染症を防ぐことにはならなかった一例だと思われてなりません。
また問掛者さまの例に合わせると、ワクチンを接種したために症候が軽く出社したことにより園児にうつした、という結末になるのではないでしょうか。

結果的に
在るインフルエンザのエキスパートによれば”ワクチンは伝染を予防するためのものではなく、重症化を防ぐためのもの”とのこと。
(現在年の2月ぐらいのTVで言っていました)
この言葉を現状のまま受け取れば、ワクチンを接種することの旨趣は”重症化しやすい人が重症化行わないために摂取すべきもの”と言うことになると思われてなりません。そして、インフルエンザワクチンは伝染拡大を抑制する効き目はあまり期待行えぬ、ってことになると思われてなりません。

インフルエンザ伝染症にならないためにはワクチンを接種するよりも、日々健康に過ごすために栄養・眠り・休養をしっかりとり、免疫力を落とさないことだと思われてなりません。
スポンサーサイト

TITLE。ァインフルエンザの予防接種についての質問です。 |  病気 |  PAGE TOP  | HOME

COMMENT(0) | TB(0) | [EDIT]

・ウ・皈ネ
・ウ・皈ネナ�ニ
エノヘシヤ、ヒ、タ、アノスシィ、ト、ケ、

・ネ・鬣テ・ッ・ミ・テ・ッ

TRACKBACK URL。ァ

http://seibyounonayami.blog.fc2.com/tb.php/223-4be90276

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。