スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TITLE。ァスポンサーサイト |  スポンサー広告 |  PAGE TOP  | HOME

[EDIT]

ホモにはエイズが多いと言われますが、実際にエイズ感染者が多いのですか?

エイズといえば血液伝染で発症すると耳にしましたが、血や体液が交わる行動をしなければ伝染と思うのですが、

精子が肛門内側に混入したとして、精子の中にエイズウィルスが入っていたケース、どうやってそのエイズウィルスがパートナーの血液とコンタクトするのですか?

痔になって傷口から入り込んだということでしょうか?

エイズとホモには相関性がないと思うのですが、なぜホモに大勢というイメージが定着したのですか?

そもそも一番初めに伝染した人が伝染のきっかけになったということですよね?

ベストアンサー

まず伝染するのはエイズではなくHIVです。エイズは発症したコンディションをさす言葉なので、HIV伝染者/エイズクランケと表現します。

ご問掛はHIV伝染者のことかと思われてなりませんのでその前提で返答しますと、世界でHIV伝染者が圧倒的に大勢アフリカではそもそも女子の伝染者のほうが男より大勢ので、男同性愛者に大勢、と考えるのは世界的には誤っています。



このイメージが定着したのは、日当人の第1号クランケが、海外側在住の男同性愛者だと報じられたためですが、現実はそれは医薬害エイズが出現していることに関心を集めないためであったと見る向きも存在します。医薬害エイズ露見までに日本では、この海外側に住むゲイの男のその他、それぞれの地方の性交渉ワーカーなどが伝染したことをわざわざニュースで取り上げるような事態でした。そのため、ゲイと性交渉ワーカーの疾病と言うイメージが先行しています。

ちなみに東欧などは医薬物注射の注射器の使い回しによる伝染者が大勢、実は国ごとに伝染の様相が異る疾病です。



HIVは、このウイルスを多量に含有する体液で、血液・精液・膣分泌液などの体液が、薄い粘膜にコンタクトすると伝染リスクが存在します。膣や肛門内側(腸)、尿などの粘膜はもともと薄いので健康なコンディションでもHIVは通過できます。なので性交渉により伝染しやすいのですが、日本でゲイの方が流行の中枢にいるのは、先述したような報のためゲイの方のほうがHIV調査の生涯受検率(生きている間に調査を受けた方の比率)が高いことと、日本はコンドームが避妊具としてしていたために、異性愛の方はコンドームによる伝染予防が避妊のついでにたまたまできていたケースが多かったことがあげられています。

反対にカトリックの作用が強いなど、宗教的な理由でコンドームを使わなかったり、多産がナイスとされていたりする国では異性愛の方の比率は日本などに比べ高くなります。

目下ピルの入手がややしやすくなったことが、反対にHIV予防できていないケースを増やしているのではないかと懸念されています。
スポンサーサイト

TITLE。ァホモにはエイズが多いと言われますが、実際にエイズ感染者が多いのですか? |  病気 |  PAGE TOP  | HOME

COMMENT(0) | TB(0) | [EDIT]

・ウ・皈ネ
・ウ・皈ネナ�ニ
エノヘシヤ、ヒ、タ、アノスシィ、ト、ケ、

・ネ・鬣テ・ッ・ミ・テ・ッ

TRACKBACK URL。ァ

http://seibyounonayami.blog.fc2.com/tb.php/238-081481fa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。