スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TITLE。ァスポンサーサイト |  スポンサー広告 |  PAGE TOP  | HOME

[EDIT]

同性愛者はHIVに感染しやすいと聞きますが何故ですか?

まず、HIV新規クランケとしてレポートされる割合は男同性愛者が大勢ですが、女子同性愛者はほぼいません。(数年前に初めにレポートされたかと思われてなりません)

人数としては男同性愛者>男異性愛者>女子異性愛者>女子同性愛者となります



そのの一つとしてやはり肛門性交は在ると思われてなりません。エイズデータnetによると10000回の暴露リスクあたりの伝染リスクは

肛門性交の受け側(50/10000回)、膣性交の受け側(10/10000回)、肛門性交の挿入側(6.5/10000回)、膣性交の挿入側(5/10000回)、オーラル性交渉の受け側(1/10000回)、オーラル性交渉の挿入側(0.5/10000回)。

つまり受け側なら肛門性交のリスクは膣性交のリスクの5倍と高くなっています。挿入側では違いはありません。ただ、男同性愛者が常に肛門性交をやるようではないようですが。



だけども、忘れてはならないファクターとして、男同性愛者はわたしたちがハイリスクだと自覚しているために調査受診率が非常に高いことが存在します。

HIV新規伝染者の中で男同性愛者がしめる割合は7割レベルと高くなっていますが、AIDS新規発症者は異性間の伝染と同性間の伝染でほぼ差がないです。

要するに「ゲイは自発的に調査などにいき、発症前に露見することも大勢が、異性愛の男は発症するまで気づかないことが大勢」ということです。

新宿2丁目などのゲイタウンの店ではフリーコンドームやSTOP AIDSの張り紙を良く見かけますが、ではもうAIDSブームが終わったのか、ほぼ放送されることもないですよね。そういうことです。
スポンサーサイト

TITLE。ァ同性愛者はHIVに感染しやすいと聞きますが何故ですか? |  病気 |  PAGE TOP  | HOME

COMMENT(0) | TB(0) | [EDIT]

・ウ・皈ネ
・ウ・皈ネナ�ニ
エノヘシヤ、ヒ、タ、アノスシィ、ト、ケ、

・ネ・鬣テ・ッ・ミ・テ・ッ

TRACKBACK URL。ァ

http://seibyounonayami.blog.fc2.com/tb.php/241-017fa151

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。