スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TITLE。ァスポンサーサイト |  スポンサー広告 |  PAGE TOP  | HOME

[EDIT]

同性愛の方のHIVの感染率は高いのですか?

キスで性感染症になることは存在しますか?

ベストアンサーに選ばれた返答

HIV伝染は、もう同性愛者だけの質疑ではないです。



現実に、厚生勤労省がアナウンスしている伝染者数は、

あくまで伝染者の「数」であって、「割合」ではありません。



つまり、異性間で見つかった人は「何人」、

同性間で見つかった人は「何人」とアナウンスするだけで、

「何人受けたうちの、何人が伝染していた」とは、一切アナウンスしていません。



1年に1回すら調査に行かない異性愛者が大半を占める現在日、

伝染しているのに見遣っていない異性愛者は沢山います。

(現実に、エイズクランケの数になると、異性愛者のクランケ数は急増します。)



にも関わらず、善く考えもで、

「なんだ同性愛者のほうが伝染してるんじゃん」と誤解している方が多すぎます。



それから、

「大勢の人と相関を持つからエイズになる」という考え方も改めるべきです。

たった一人の人や、ラヴァーとだけどもていなくても、HIVには伝染することは存在します。

だって、ラヴァーの元カノや元彼がHIVに伝染していたら、

みんな繋がっているのだから、伝染するポシビリティーは在るし、

HIVに伝染した=遊んでいたっていう先入観こそ、まず改めるべきです。



HIVは「みんなの質疑」として捉えるべきであって、

一人一人がわたしの命のために周期的に調査に行くことが大事なのです。

現在は、早い段階から加療を開始すれば、

HIVに伝染しても70歳以上まで生きられるようになってきています。





補足:rilachan_s2さん、ark1111111さん へ

まず、日本の厚生勤労省は、「HIV伝染率」をアナウンスしてはいません。

先にも発言したように、「伝染者数」アナウンスしているだけで、

異性愛者と同性愛者のどっちのほうが伝染しているかは分かっていません。

ちなみに、ニューヨークでは異性愛者の伝染率が高いタイミングもありましたよ。



明瞭にに、アナル性交渉(肛門性交)での伝染率は高いと言われていますが、

それはあくまで避妊具を使わなかったケースの話であって、

避妊具を活用したケースには、伝染率は0に等しいです。

同性愛者の大量は、(小児が出来ませんが)性交時に避妊具を活用されています。

これって、数年おきに行われている同性愛者の意識調査でも明瞭にになっています。



「同性同士だから、小児が出来ないし、避妊具なんか使っていないだろう」という考えは、

あくまで私たち異性愛者のエゴイスティックな思い込みだということを忘れないで下さい。

また、日本のエイズ教育が異性愛者中枢に行われていることも質疑だと思われてなりません。



補足について

キスで性感染症になるケースとしては、ヘルペスが存在しますね。

そして、同じく口を使うものとしてオーラル性交渉が存在しますが、

オーラル性交渉で、性感染症に伝染することは充分に存在します。

オーラル性交渉とは、口でパートナーの生殖器を舐めることですね。

フェラチオやクンニなども、本来は避妊具を用いて行うべきものです。
スポンサーサイト

TITLE。ァ同性愛の方のHIVの感染率は高いのですか?  |  病気 |  PAGE TOP  | HOME

COMMENT(0) | TB(0) | [EDIT]

・ウ・皈ネ
・ウ・皈ネナ�ニ
エノヘシヤ、ヒ、タ、アノスシィ、ト、ケ、

・ネ・鬣テ・ッ・ミ・テ・ッ

TRACKBACK URL。ァ

http://seibyounonayami.blog.fc2.com/tb.php/246-9b6a7b75

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。