スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TITLE。ァスポンサーサイト |  スポンサー広告 |  PAGE TOP  | HOME

[EDIT]

医療の知識がある方、教えて下さい。 当方30オ女性です。

catsanddachsさん

医療の見識が在る方、ご教示下さい。
当方30オ女です。

8月11日に激しい喉の痛みと啖、咳、37.5℃の軽い発熱で内科に行った所、夏カゼとの事で5日分の薬を処方され飲み切りました。

しかし
鼻水と啖がおさまらず、頭部痛までしてきたので副鼻腔炎かと思い (元々副鼻腔炎気味です)、19日に耳鼻科を受診してきました。

耳鼻科では副鼻腔炎で間違い無い、との事でした。
ジスロマック錠
C-チステン錠
フスコデ配合錠
スルガム錠
トラマゾリン点鼻液
上記の薬を処方され、薬の説明時に服用後に便秘になるかも、と言われました。

19日から薬を飲み始め21、22日は便秘になってしまいした。
22日に寒気、ダルさ、軽い腹痛、発熱37.5~38.5℃になり、23日に内科に行った所、脱水症との診断でした。

飲んでいた副鼻腔炎の薬の事を伝えた所、飲むのを止めるよう言われました。
浣腸をされ、これで腹痛は良くなるでしょうと言われました。
点滴と血検証もしたのですが、CRPがやや高い (1.4)。GOT値が高い (67) でした。

処方された薬は漢方の副鼻腔炎の薬 (葛根湯加川きゅう辛夷) 30日分でした。
その翌日から今度は水下痢が止まらず困っています。
痛みは無いのですが、30分~1置きくらいにほぼ水のような便がでます。
今日で3日目です。
に行った時は下痢してなかったので、お腹の薬は出ませんでした。

こんなに体調不良が続くのは人生で初めてで心配です。
今はおかゆやヨーグルト、ゼリーなどを少しずつ食べています。

痛みは無いのでこのまま様子を見ていてOKでしょうか?
普段の生活や食物で気を付けるべき事はありますか?

またお酒はめったに飲ま無いのに (月1、2回程) GOT値が高いのは、最近薬を飲み続けてたのが素因でしょうか?

しつもんがたくさんですみませんが、たいへん困っているので、どなたか指導下さい。



回答



caesar_heheさん


夏カゼ(夏季の風邪様症候にて病名ではありません)。8月11日の処方は意味不明です。8月19日耳鼻科では、5も処方されており、どの薬に効能があったか、逆に副作用を素因特定が難しくなりますね。投稿文での症候から出し過ぎの印象を受けます。なお、脱水症候には水分補給が不十分であったことが伺えます。水分補給は欠かさ無いようご注意くださいませ。CRPが1.4軽度の炎症が伺えますが、それ以上は不明で参考値として有効です。GOT(AST)67(基準値35IU/l以下)もやや高いと思われます(これまで健全診断時での数値も参考にされて下さい)。GPT(ALT)、γ-GTPの数値も見比べると良いかと思います。
さて、漢方薬は、効能より「証」を最優先するものです。また、あまり知られていませんが漢方薬にも副作用があります。
知恵袋では診療行為等一切できませんし、お目にかかったことも有りません故、何とも申し上げられませんが、どうも19日の耳鼻科、23日の内科~の処方が怪しい印象も受けます(漢方に詳しい医師でしょうか?)。下記にお薬の概要を記載しました。是非、キーワードとしてご参考にされてみて下さい。処方薬が怪しい感じです・・?。を変えた方がよいようにも感じます。不可能して固形物等を食べなくても、人間は数日の栄養素は蓄えてます。水分補給だけは欠かさ無いようにされて下さい。また、整腸剤(一般に販売の例えば「ビオフェルミン」)を摂取されてみられては如何でしょうか・・・。どうぞご自愛くださいませ。早く諸症候が改善されますことをお祈り申し上げます。
《ご参考》
■ジスロマック錠250mg(アジスロマイシン水和物):•マクロライド系の抗生物質です。主な副作用は、吐き気や胃痛、下痢などの胃腸症候等。
■C-チステン錠250mg(L-カルボシステイン)先発薬は「ムコダイン錠」:•気粘液調整・粘膜正常化剤で、気管支粘膜の粘液分泌細胞の過形成を抑えて、去痰作用を示し、痰や鼻汁を出しやすくし、鼻づまりを緩和。主な副作用として、食欲低調、下痢、腹痛、発疹、湿疹、紅斑、浮腫、発熱、呼吸困難等。
■フスコデ配合錠( フスコデ(製) ):中枢性鎮咳薬のジヒドロコデイン、気管支拡張薬のメチルエフェドリン、抗ヒスタミン薬のクロルフェニラミンの3が一緒に作用し、強い咳止め効果を示します。主な副作用は、眠気、だるい、めまい、頭部痛、頭部重感等。
■スルガム錠(チアプロフェッショナルフェン酸):腫れや痛みを緩和、解熱を示す対症療法薬。炎症や発熱を引き起こすプロフェッショナルスタグランジン(PG)という物質の生合成を抑制。プロフェッショナルスタグランジン(PG)の合成酵素「シクロオキシゲナーゼ」を阻害することによります。わりと多い副作用は、胃痛・腹痛、吐き気、吐く、食欲低調、オーラル炎等。
■ トラマゾリン点鼻液 ( トラマゾリン塩酸塩 ):強い血管収縮作用があり、速効性です。鼻の充血や腫れがとれ、鼻の通りがたいへん良くなる対症療法薬。局所的な副作用としては、熱感、触発痛、乾燥感等。
■葛根湯加川きゅう辛夷:鼻づまりや慢性鼻炎に用いる漢方薬。
※適合証(体質):「寒証」、「証」から「実証」向けです。「虚証」の人、胃腸の調子の悪い人、また、発汗の多い人には向きません。効能より、適合証を優先下さいませ。あなたは、実証で胃腸の調子が良い感じ…でしょうか真にのところ、そこがやや「?」です。
組成は、葛根(カッコン)、麻黄(マオウ)、桂皮(ケイヒ)、芍薬(シャクヤク)、甘草(カンゾウ)、大棗(タイソウ)、生姜(ショウキョウ)、川きゅう(センキュウ)、辛夷(シンイ)。 ※麻黄、甘草が含偶さかていることは、ご承知下さい。胃の不快感や食欲低調、吐き気などを催す。また、動悸や不眠、発汗過多なども稀に見られます。偽アルドステロン症(他の漢方薬の併用により、甘草過多のケースリスクが高まります)。多分、ツムラ葛根湯エキス顆粒(医療用)かな~みずいろの帯に黒色のラインと黒字で○に1と記載。他に「コタロー」、「クラシエ」等、多種あり微妙に組成が異なります。





http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10112377065
※この記事の著作権は配信元に帰属します
スポンサーサイト

TITLE。ァ医療の知識がある方、教えて下さい。 当方30オ女性です。 |  病気 |  PAGE TOP  | HOME

COMMENT(0) | TB(0) | [EDIT]

・ウ・皈ネ
・ウ・皈ネナ�ニ
エノヘシヤ、ヒ、タ、アノスシィ、ト、ケ、

・ネ・鬣テ・ッ・ミ・テ・ッ

TRACKBACK URL。ァ

http://seibyounonayami.blog.fc2.com/tb.php/33-6369d382

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。