スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TITLE。ァスポンサーサイト |  スポンサー広告 |  PAGE TOP  | HOME

[EDIT]

抗生物質の飲み方

ID非公開さん

病院での入院する患者の選別の基準について…
1) より重症な患者が優先して、入院することが出来る(させてもらえる)とずっとうーんと頭をひねっていました。

2) しかし、病院での治療はチームワークなので、入院するかすることはかの判断は、医師だけではなく看護士の判断も「とても」加味されると、開業医の先生から聞きました。

3) 2)というのは、激務の中で働いている看護士であり、人手にもがありますので、より重症な患者は入院できぬということのようなのですが、皆さんはいかが思われますか?

4) 政治家や芸能人は、直ぐに入院出来るのに(勘違いかもしれませんが)、貧乏だったり、親戚に医者がいなかったり、難病の患者は、入院もできぬという時代になってしまったんですね。

5) でも、病院の責務ではなくて、国というか厚労省の施策に課題が有るのかもしれませんけれども…。

6) 皆さんはいかが思われますか? ご意見をお聞かせ下さい。




ベストアンサーに選ばれた回答



sky1381freeさん


病院の持っているに応じて受入が出来るできぬということがあります。
急性期の病院では、救急対応が主になることが多いので、たとえ重症であっても状態が安定してくれば退院の方向で調整していきます(転院も含めて)そうしていかと次の救急対応が必要な患者が受けられません。これは公立・私立ともに同じだと思います。とくに平均入院日数によって診療報酬の点数も異変しますので。その後は回復期リハビリ病院や療養型の病院になってくるとそれぞれに入院の判定会が有ると思います。その判定会で入院の可否が判断されます。ここでは医師以外にも現場スタッフが入って検討していきます。やはり受入が出来る(設備やマンパワー的に)がありますので重症患者ばかり入れるわけにはいきません。現場が疲弊してしまうので状況によっては介護や医療行為が多い方はお断りされることもあります。これは難病も同じです。難病だからといってず~っとリハビリが出来るわけではありません(現今の制度上)また療養型に入院出来るとも限りません。
現今の日本の医療費は決して高くはありません。海外ではさらに高い費用になります。医療費の抑制によって医療スタッフは安価給料でハイレベルな内実を求められています。結果として医療崩壊が進んでいます。また現今分化(急性期・回復期・慢性期など)が進んでいるため、主な疾患ばかりに目がいき、その患者さん(その他の病気)を診ていことが多いです。たとえば、脳出血で倒れた方が、他の病院でガンの治療を受けていたとしても脳出血を治療している病院は、他の病院で治療しているガンの情報は持っていません。結果としてガンの状況が不透明なまま次の転院先の病院に行くなんてことが多々あります。他の病気も含めてICカードか何かですべての状況を把握するシステムが欠かせないと思います。(が導入しようとするとすごい予算が必要なので具現性はゼロに等しいですが・・・)




http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1134576371
※この記事の著作権は配信元に帰属します
スポンサーサイト

TITLE。ァ抗生物質の飲み方 |  病気 |  PAGE TOP  | HOME

COMMENT(0) | TB(0) | [EDIT]

・ウ・皈ネ
・ウ・皈ネナ�ニ
エノヘシヤ、ヒ、タ、アノスシィ、ト、ケ、

・ネ・鬣テ・ッ・ミ・テ・ッ

TRACKBACK URL。ァ

http://seibyounonayami.blog.fc2.com/tb.php/4-8275590e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。