スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TITLE。ァスポンサーサイト |  スポンサー広告 |  PAGE TOP  | HOME

[EDIT]

トリコモナス膣炎について。

xxsoukenbixxさん

トリコモナス膣炎について。先月から一ヶ月以上局部のかゆみに悩んでいました。婦人科も受診しまして、 オリモノ検査で細菌性膣炎と診断されましたがかゆみが治らずオリモノも多量のため、再度オリモノ検査と子宮頚ガン検査を同時に受けて今日結果を聞きに行ったところ、さらにトリコモナス膣炎にかかっているとゆう事がわかりました。子宮ガン検査の問診票にそうゆう診断が書かれていたためガン検査をしなければわからないままだったと思います。しかし自分は出産後だんなととずっとコンドームを使用しています。以前処女の時代になぜかクラミジアにもなっていて、ミニ覚えがナイのに性伝染症になっています。ちなみに妊娠中のオリモノ検査と出産後の子宮頚ガン検査では、なにも出なかったのです。たまに温泉ランドでお風呂に入ったりしてましたが思いあたるのはそこだけです…
私は運が悪いでしょうか?
とりあえず夫とは避妊をしていても指や手を触れられています。指や手からも伝染しますか?
今回も起因がわからナイのでおちこんでいます…
補足ご回答ございました。妊娠前からトリコモナスになっていたとして妊娠中や出産後の検査でトリコモナスが出なくて小児を産んでしまったケース小児になんらかの影響は有るのでしょうか?あとまさか性伝染症だとは思わず一緒に小児とお風呂も入ってしまっています…(泣)性行為によって移ったのならやはり妊娠前しかナイので、小児への影響が有るなら辛いです…



ベストアンサーに選ばれた回答



synapsefallerさん


トリコモナスは検査をしても見つけにくいことも有るので、今回子宮頸部の細胞を採取したことで寄生しているのが見つかっただけで実は長めに伝染していたということは有るかもしれません。また、トリコモナスは他の性伝染症で有るようなウイルスや菌類ではなく原虫という眼に見えナイ様な虫ですので、性行為以外側でも伝染している人が直前に利用していたケースにその性器が付着した風呂の腰掛けや拭いたタオル、跨いだ浴槽、便器などでの伝染が他よりはまだやや起こりやすいとはされます。それでも日常を普通に暮らししているだけでそう日常茶飯事に起きるわけではナイのですが、一応他の性伝染症に比べるとややあり得ることかもしれません。


後は、避妊はしていたとはいえこういう原虫ですので、例えばご主人にも無自覚で寄生していて体液に混じってきていて、液漏れや装着の時などに伝染をしてしまったりしたのかもしれませんが、細かく考え出すと逆に色々てしまうので、ではどれだったのかというと今からでは結局特定できなくなってしまいます。ただ、さすがに原虫と言っても人の粘膜に寄生して生きていられるものですので、指などについてから風呂に入ったり普通に洗ったりもしているのにいつまでもいるということはさすがにできません。それができてしまうなら性伝染症では済まナイ伝染症になるでしょうしね。

男のほうが女子より自覚しにくい傾向もあったりしますし、男のほうがさらに検査で発見しにくいということも存在しますので、あなたに見つかったのであれば、経路の特定は難しいならそれは有る程度にしておいて二人揃ってまずは加療をしておくのが一番大事でしょうね。起因はおそらく今からではわからナイだろうという中身になってしまいますが・・・



補足へ
トリコモナスの母子伝染例は元々稀なものですし、出産時に検査でも検出できなかったくらいですのでおそらく特に設問なかったはずと思いますよ。最初に書いていますが、性行為以外側での伝染がそう頻繁に生じるなら性伝染症の領域を超えていますので、もちろん伝染がわかったなら気を付けられるといのですがおそらく伝染はまず出来ていナイポシビリティーのほうが高いでしょうね。気になるのであれば今かかっている医師や婦人科で、今回陽性となったことからどう気をつければ良いかとですね。基本的には膣内側やそれより奥に寄生する原虫ですので、一緒に風呂に入っていてもそのあたりが直接接触して移動ようなことでもナイと伝染は出来ぬはずです。浴槽もあくまで跨いだ縁に性器が触れていたケースのことで、湯船を漂って伝染するということもさすがにできませんしね。気になるならしてみてことはナイか聞いてみたり確証はしてみてもですが、あまり神経質に考えすぎるとあなたが不必要に参ってしまいますしね。



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1364214143
※この記事の著作権は配信元に帰属します
スポンサーサイト

TITLE。ァトリコモナス膣炎について。 |  病気 |  PAGE TOP  | HOME

COMMENT(0) | TB(0) | [EDIT]

・ウ・皈ネ
・ウ・皈ネナ�ニ
エノヘシヤ、ヒ、タ、アノスシィ、ト、ケ、

・ネ・鬣テ・ッ・ミ・テ・ッ

TRACKBACK URL。ァ

http://seibyounonayami.blog.fc2.com/tb.php/56-41a5bc46

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。