スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TITLE。ァスポンサーサイト |  スポンサー広告 |  PAGE TOP  | HOME

[EDIT]

梅毒はコロンブスが持ち帰った風土病

coolkazuchanさん

梅毒はコロンブスが持ち帰った風土病と伝わってますが、
ヒストリー上のビッグネームな梅毒クランケを周知ですか。
私が知っているのは、読んでる途中のの本からは
第二次大戦の独仏戦時のフランス軍総司令官ガムラン大将が、神経梅毒に脳をおかされていたそうです。
ドイツにぼろ敗けするわけだ。

他に、ムッソリーニ、日当人では、黒田如水、加藤清正といったところです。




ベストアンサーに選ばれた返答



general_hocheさん


日本でビッグネームなのは結城秀康ですな。
梅毒で鼻が壊疽してもげた。
家康の小児達のなかで一番才気があったけど
跡継ぎに選ばれなかった原因の一つとなします。
(もうひとつの理由は秀吉と親しすぎたというものも存在しますが)

ちなみに梅毒は、脳に及んだり、ゴム腫になったりするのは
稀有です。第三期、第四期になるのは
免疫力がか細いの人だけ。あとは自然治癒か、症候が隠れてしまうし、
ま、以前は生存期間も短かったんで30年後の潜伏前に死んじゃう。

逆にいうと、目立った症候のナイ、自覚症候のナイ
梅毒伝染者はゴロゴロいたわけで、15世紀くらいから
ペニシリンなど抗生物質の発明前までで、
ストリートガールと付き合いがあったり、女子/男相関が大勢
ほぼのヒストリー上の人物は梅毒に伝染していたポシビリティーが高いといえます。



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1213254227
※この記事の著作権は配信元に帰属します
スポンサーサイト

TITLE。ァ梅毒はコロンブスが持ち帰った風土病 |  病気 |  PAGE TOP  | HOME

COMMENT(0) | TB(0) | [EDIT]

・ウ・皈ネ
・ウ・皈ネナ�ニ
エノヘシヤ、ヒ、タ、アノスシィ、ト、ケ、

・ネ・鬣テ・ッ・ミ・テ・ッ

TRACKBACK URL。ァ

http://seibyounonayami.blog.fc2.com/tb.php/92-ac8c7b8a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。